イーグルスファンの独り言 NFL Philadelphia Eagles Fan blog

フィラデルフィア イーグルス 

 

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

チャット.

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:barakin
horikomiさんこんばんは。お返事有難うございます。レスが遅く
てすみません。

horikomiさんの返信を読んで一日考えたのですが、QB単体にプ
レッシャーをかけて潰す手法は、相手NEよりも、我々イーグルス
にとって、より危険な状況にも感じます。

今回のSBは、「個性主導型」vs「システム主導型」とも感じま
す。前者はイーグルス、後者はNEです。個性を最大限に活かすシ
ステム、個性派揃いのDB陣や、トロッターという強力な個性で甦
生したランD#、NFLでも独特の運動力と思考性を備えるマクナブ
のイーグルス対する、功労者であろうタイローそのほかケガ人続
出の状態でも普遍的なNE。
NEの方がより近代的とも思いますが、見ていて楽しいのはイーグ
ルス!応援したくなるのもイーグルス!NFL32チームが全てNE
タイプだとつまらないけど、イーグルス(個性派)タイプなら良
いじゃん。と、勝手に思い込みつつ、がんばれイーグルス!
投稿者:horikomi
barakinさんこんにちは

この1週間時間が有るとどんなプレイをするのかされるのかを考えてしまうのですが、EAGLESの欠陥はすぐに思い浮かぶ割にNEをどう攻めるのかは全く浮かんできません。本当につかみ所の無いチームです。

去年CARの超強力DLを完封したNEのOLをどう攻略するのかがディフェンスの分かれ目になるのではないでしょうか、戦術の駆け引きでは勝てないでしょうからブレイディ個人にプレッシャーを掛けてミスを誘うしか勝つ方法が無いのではないかと思ってしまいます。(こんな風に考えた時点で術中にはまっているわけですが・・・)
投稿者:barakin
horikomiさんのyahooの書き込みから飛んできました。初めまし
て。barakinと申します。十数年来のイーグルスファンです。
04年8月の最初から読ませて頂き、堪能しました。シーズン最初
からこちらを知っていれば、もっと楽しめたのに。と、少し残
念。

NEについての分析は、全く同感です。horikomiさんの書かれてい
る事と同義ですが、NEの恐ろしいところは、あらゆるチーム相手
にリアクション可能なバランスの良さ、システマティックな穴の
なさにもあると思います。キャップに縛られる昨今、どちらかと
いうと一点豪華主義的なチームが台頭してるかと思いますが、NE
は別格のように感じます。

今年のイーグルスのプレイオフは、MINのパス、ATLのランを止
めており、昨年よりかは相手の長所を潰すディフェンスをできて
いるようにも思えます。しかしながら、わかり易いごり押し系の
相手でした。

NEは、ディロンのラン、WCOのショートからミドルのパス、ブレ
イディの能力を生かしたロングボムと、的を絞る事は非常に困難
です。一度でも後手に回ると主導権を取り戻すのはかなり厳し
い。ジムジョンソンの読みが外れ(あるいは裏をかかれ)、オ
フェンスも進めない場合、ずるずると、試合前半で勝負が決する
事にもなりかねないと思います。縁起でもないですが。

一方、イーグルスは読まれ易いと思います。
今年のオフェンスは、NEのディロンのように、ウェストブルック
による、ランを起点としたドライブの組み立てはほぼ不可能。
「パスが通る」前提がなければ、ランで1stDownに堅実な4ydsの
ゲインは難しい、どうしたってマクナブのパスが主体にならざる
を得ないと思います。TOが当てにできない状況下で、マクナブの
パスをどうやって通すか。
また、ディフェンスも相変わらずランに難を抱えています。ト
ロッターの復帰でLBの中央部は分厚くなりましたが、DLのランス
トップのタレントはかなりキビシイ。自慢のDB陣のラン対応力は
リーグ屈指(特にブラウンのアンダーニースカバーは異常とも思
えます)、ATL戦では見事に機能しましたが、ここでNEのリアク
ションを如何に先読みし、封じるかが、大きなキーになると思い
ます。

長文駄文、失礼しました。
投稿者:horikomi
patslifeさんはじめまして
私もNEに勝つのはPITのようなごり押しのチームだと考えていたのですがランをあっさりと止めてしまいましたね。うちが9週の対戦で何も出来ずに完敗したPITを完全に破壊したNEの戦術には感嘆するしかないです。
NEがオフェンスで何をやってくるのかは想像できます。このチームは複数のTEを使ってミスマッチを作る名人がコーチ陣に居ます、小さいEAGLES CBにサイズのミスマッチを作るか、パスラバーが下手なトロッターをスピードで狙い打ちして使えなくする、この2つは確実にやってくると思います。それに対して特別な対策を考えるのか、多少やられても1シーズン戦ってきた今までの戦術を貫くのか、どちらが正しいのかは解りませんけれどもどちらの対応をするかが勝敗を分けるかもしれませんね。(NEのコーチ陣はどちらで来ても良い様に第2第3の作戦を練ってくるでしょうけど)
投稿者:patslife
はじめまして。
patsファンです。ライバルの視察でこちらのブログを覗かせていただいていました。

patsの分析、素晴らしいです。たぶんその通りです。patsはレギュラーシーズンから、プレーオフに向けた戦術を組み立てています。PIT戦はその典型でした。
で、そのpatsが弱いのは、いわゆる「オーバーパワー」です。こればかりは戦術でもかないません。INDもPITも自信のある攻撃で押してきていれば、たぶんpatsは勝てなかったでしょう。最近目立つ敗戦の原因は、ランで押された場合と、Bradyが不調の場合です。PHIがどのような戦術でくるのか。それが楽しみです。patsの戦術は考えてもわかりませんしね(笑)。

今週1週間は、特に頻繁に来させていただきます。
よろしくおねがいします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ