イーグルスファンの独り言 NFL Philadelphia Eagles Fan blog

フィラデルフィア イーグルス 

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チャット.

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
« CB | Main | DT »
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:horikomi
今年のドラフトは全体的に不作と言われているようですが、LBは例年並のレベルと見られているようです。トップ10で間違いなく消えるDerrick Johnson は取れませんが、31位か35位でも開幕スターターを狙える人材を獲得出来ると現在の所予想されています。
過去4年のドラフトを見ても、1巡から2巡の上位で指名されたLBはほとんど外れが有りませんから、LB指名が下手な(上位指名は外れ、下位指名が何故か伸びる)EAGLESが選択ミスをしなければOLBのスターターの一角を担う選手を指名出来ると思います。
投稿者:midnight green
horikomiさんのおっしゃるところがまさにEagles-Dのアキレス腱だと思います。LBの再構築もFA選手との交渉次第でまだ先が読みにくいですね。ドラフトには良さそうなのはいますでしょうか?
DEにどちらを入れるか・・・とても微妙ですね。Kearse次第かな、というのが私の素人判断なんですが、彼が怪我したときに極端にパスラッシュ効果が落ちてしまうのも困りますしねぇ・・・
投稿者:horikomi
EAGLESの構造的欠陥は、Sの2人が上がってこれないとランが止まらないシステム・メンバーな事ですね。通常CBのカバー能力が高いのでSの片方を上げて片方がカバー1で残すシステムで対処してきました。パスで崩されSを下げた時にランも止まらなくなる負けパターンを改善するのにはLBの個人技に頼る他無いのが現状だと考えます。
OLBのグレードアップで対処するのが1番簡単だと思いますから比較的外れないLBをドラフト上位で1人指名するのが良いのではないかと思います・

DTは入れ替えは無いと思いますので、BurgessとDouglasが抜けKaluが戻ってくるDEに1人空きが出ますから、そこにランストッパーを入れるのかこれまで同様パスラッシャーを入れるのかが問題ですね。
ここでまたパスラッシャー入れちゃうのがJim Johnsonなんですけど・・・・・・、

お邪魔じゃないですから、どんどん書き込んでくださいお待ちしています。
投稿者:barakin
お邪魔させて頂きます。毎回、興味深く、楽しく読ませて頂いて
おります。

03年から継続ですが、昨シーズン最大のイーグルスディフェンス
の弱点は、横の動き、密集での弱さにあったように思います。DL
は縦への突破力は優れますが、ブロッカーの流出を防ぎホールを
塞ぐ、スクリメージの制圧力に欠けている感があります。LBは
TrotterとSimonou以外、ST要員としては優秀な、オープン
フィールドでの運動量はありますが、リードブロッカーにピック
され易い、良くも悪くも「軽快」なLBが多いように感じます。
DB陣が非常に優秀なので、RBの独走TDから試合を喪失する事は
ありませんでした。また、Trotterの大活躍で03年ほど酷いラン守
備のスタッツではありませんでした。が、SB NE戦で露呈したス
クリーンやドローに代表される、縦への突進を見られた後の密集
の弱さ、2ndダウン5yds以下の状況では効果的な防止策が極端に
減少する傾向は、03年と変わっていないと思います。

かなう事ならば、このオフで重量級のDT及びDLとしてランストッ
プ専用に組めるユニット、失ったC.Emmonsのような縦横広い守
備範囲のLB、この両方が強化できれば何も言う事はありません
が、どちらかだけでも強化して欲しいものと思います。

失礼致しました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ