イーグルスファンの独り言 NFL Philadelphia Eagles Fan blog

フィラデルフィア イーグルス 

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

チャット.

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:horikomi
Leeとの2択、ドラフトはこれが面白くもあり怖いですね。6-7人居たはずの似たようなサイズ・スピードの候補から2人しか欲しくなかった(外したメンバーが当たったりするのですが・・・)そう言う考えだったならばアップも仕方ないですね。
Folesの特性が横に走るレシーバーへのコントロール。それならば、横+高さで勝負できる選手。と言うのも理解できます。気になるのは、Cooperに縦が無い分相棒にはそれなりに縦が必要だと思うことです。
リーチかどうかは評論家が言う事で、実際には当たればなんだって良いのですよね。もちろん、欲しかった選手が下位に落ちてくるバリューピックが増えた方が良いのですけれど。
BYU枠とOregon枠、どっちが結果出しますかね(笑)まあ、出身校ってだけのBYUと、先年までHCだったOregonを一括りにするのは無理が有りますか・・・
長いのみっつからパント、これは減るでしょうね。負けてる時のロング放り込みでもサイズの利が出るかもしれません。いきなりロングパスのような奇襲の威力は落ちるでしょう。
投稿者:maknav
Kurotanさんのおっしゃるとおり、ある意味合理的過ぎるドラフト戦略ですね(Ducksの多さはどう出るかわかりませんが)。Reid時代の、BYU贔屓&意味もなくOLドラフト、が懐かしいといえば懐かしいです。

MatthewsもHuffも言いなぁと思うのは、ミドルを走って怖がらないところです。爪楊枝もMaclinもビビッてるのが好きではなかったので。Folesの「とってこい」スローに合うかもしれないと言うのは尤もですね。Matthewsはサルサ野郎のようになってくれるといいのですが。

想像ですが、DJのいた去年のように、大当たりか即puntでギャンブルの要素が強くかつオフェンスの時間が短い(ディフェンスの時間がやたら長い)状況から、ホームランは少なくても確実にちょっとづつ進んでいくオフェンス(2010年(?)のNEのような感じでしょうか)に変貌すると期待してます。
投稿者:kurotan
リーチと言われようと、しっかりニーズを埋める戦略。多分ディープストレッチを多用しないのでしょう。サイズとスピードからビッグプレーメーカーではないですが、それはそれで良いと思います。レーン・ジョンソン、ザック・アーツも当たりましたし、今年も上手く行くのでしょう。
Reidの指名の仕方が若干懐かしいですが(笑)。
投稿者:brkn
ブログを読ませてもらって、今後の楽しみの多い選手と感じてます。
長所を読む限り球ぎわに強そう。Folesはオープンレシーバーにドンピシャパスを投げるのではなく、CBと競り合いながら捕れる場所にパスを落とすのが特徴と感じてるので、Folesとの相性が良さそうに思います。
スカウト(フロント)は潜在力を的確に見抜いているのか?前に皆さんとお話したフロントの選手育成能力と選手の特徴を活かしたチーム作りはどうか?

2巡指名としては1年目からの活躍も求められますが、2・3年後の成長を楽しみにしたいと思ってます。
投稿者:taka
2巡でのWRのpickではLeeかMatthewsが候補だったという記事を目にしました。JACが先にLeeをpickしたので、トレードアップは妥当かなと。実際、僕自身もトレードアップまだかなとドキドキして待ってましたし。w
LeeよりサイズのあるMatthewsの方が好きなタイプなので個人的に大満足のpickでした!
Latimerも良いかなと思っていたのですが怪我あけとか(;´Д`)
サイズあるのでレッドゾーンで消えるDJのような事はないはずですし、さらなるレッドゾーン・オフェンス強化を期待してますよ!(^^)v
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ