イーグルスファンの独り言 NFL Philadelphia Eagles Fan blog

フィラデルフィア イーグルス 

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

チャット.

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:horikomi
なんとかしてNEの弱点を見つけようと思ったのですけど見当たりませんでした。コーディネイターやアシスタントコーチの流出もシステムを熟知しているメンバーが残っていますし、影響が出るのは来年以降じゃないかと考えました。LBはまだインサイドとアウトサイドに誰を割り振るのかはっきりしないのですが今のメンバーでも3−4、4−3、2−5と変幻自在のフォーメーションを組むだけのタレントは残っていますから大きな問題にはならないと思います。
5番手がDavid Terrell(になると予想してます)のWR陣は脅威ですね、DBの良いうちやBALでも5人目のDBのレベルは落ちますから止めるのは相当難しい事になりそうです。
崩れるとしたらWilforkの所でしょうね、フル出場するスタミナは無いと思いますから怪我をした場合や2番手のNTの時を狙ってランを出された時の対処を間違えると全面崩壊する可能性は有ると思います(Belichickは対処を間違えないでしょうけど)

AFCは今年も大混戦になりそうですね、それでもNEが一歩も二歩もリードしていると思います。
投稿者:patslife
とても参考になりました!
こうみると、同地区にはDBに不安を抱えているところが多いですね。となると、今年は強力なWRを揃えたNEのオフェンスである程度はコントロールできそうですね。で、そのオフェンスに対するのが、MilloyとLawだなんて…。
NEのディフェンスに関しても、相手に強力なWRが多い状況で、豪華なDBを揃えてきました。各チームのRBがNE戦でどれだけ走れるかだと思います。ゴリゴリとランでコントロールされるのが、今のNEにとっては最大の弱点なので。この前にNO戦なんかがそうでした。NEのディフェンスは外面は強力ですが、今年は非常に脆そうです。何かが一つ崩れたら、すべてが崩壊してしましそうな一面も隠れています。

どのチームも不気味な戦力を抱えていて、不安で眠れなくなりそうです。シーズン後半に直接対決が集まっているので、ケガ人次第では大きく変わりそうな感じです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ