ブログ「英語道」へようこそ!  ご案内

3,007日連続更新中!
トラスト英語学院長のプロフィールはこちら
Twitter(@eigodo)はこちら
2021年度大学入試合格実績はこちら

2021/4/11

Back to normal!  ランニング・筋トレ

先週一週間の走行距離は48.0km。負荷をかけたトレーニングはまだ控えていますが、故障から完全回復し、ようやく普通に走れました。英語で言う、Back to normal です(^^)v

故障をする3ヶ月前までは毎日10km以上のランニングを7ヶ月以上続けていたので、一週間換算では70〜80kmです。そのレベルから考えればまだまだですが、ここからまたしっかりとした足を作っていきますよ(*^^*)
クリックすると元のサイズで表示します
普段通りのことが当たり前に出来るありがたさ。毎日のルーティンを確実にこなしていくことで、何事も実力がついていくんですね。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/4/10

reddish から verdant へ  閑話

今日の The Japan News の第一面では、地元・伊那市高遠の桜が取り上げられました。→ Pretty in reddish pink:Nagano park abloom in cherry blossoms
クリックすると元のサイズで表示します
The Japan News より
記事中では、高遠の桜を reddish(赤みがかった)という形容詞で表しています。満開を一週間ほど過ぎて落花が盛んの時に撮られた写真なのが残念ですが、The Japan News で地元が取り上げられたのは、5年前の箕輪の赤そば以来なので、嬉しいです。

先日も紹介した近所のハナモモも満開を迎えました。
クリックすると元のサイズで表示します
2021年4月9日撮影
満開は英語で in full bloom です。

桜の後、信州は新緑の(verdant)季節になります。これからが一年で最も好きな時期です。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/4/9

一日一英単語 第14週分  実用英語

私のTwitterで一日一英単語を紹介している【今日の英単語】。第14週分の英単語を列挙します。

4/2 turmoil「混乱、騒ぎ」
4/3 rickshaw「人力車」
4/4 hand-me-down「おさがり」
4/5 alma mater「母校」
4/6 trigger 〜「〜を誘発する」
4/7 irreplaceable「かけがえのない」
4/8 endorse 〜「〜を是認する」

4/9の irreplaceable は、知人のアメリカ人がSNSで

I spent irreplaceable moments with my grandchildren.

と記していたので、紹介させていただきました。

ir(「不、無」の意味を表す接頭辞 )+replace(取って替わる)+able(「〜されうる」の意味を表す接尾辞)から成り立っていると分かれば、意味も容易に推測できますね。
クリックすると元のサイズで表示します
単語集で覚えるのも一手、新聞・雑誌記事で出くわした単語を覚えるのも一手、SNSなどでネイティブがさりげなく使っているのを覚えるのも一手。英語の語彙は miscellaneous な方法を駆使して覚えるべきです。

※あっ、この miscellaneous もここで覚えるチャンスですよ(笑)。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/4/8

Ryeの予防接種  Life with Rye

今日は久しぶりに、愛犬・Rye(2歳3ヶ月)の近況報告です。

フィラリア予防薬投与と狂犬病予防接種を兼ねた定期検診のため、動物病院に行って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
受診前、待合室で緊張気味のRye
体重は16.18kgで、2年前に我が家に来た時の8.98kgから順調に成長しました。雑種なのでどこまで大きくなるか分からなかったですが、最近は16kg前後で体重が推移しているので、この辺りが適正体重なのでしょう。これからは体重管理も大切ですね。その他も極めて健康体で、元気のお墨付きをいただきました。

朝(6時45分)・夕(16時)・夜(23時)と一日3回の散歩を含めて色々と世話をするのは大変ですが、コロナ禍で旅行など思うように出かけられない中、愛犬がいるおかげでストレスなく生活を送られているように思います。

クリックすると元のサイズで表示します
季節はこれから夏に向かいます。人のいない山奥の“プライベート・リバー”で泳ぐRyeを見られるのが、今から楽しみです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
タグ:  里親

2021/4/7

人気の移住地 伊那が2位に  閑話

移住仲介サイト「SMOUT(スマウト)」を運営するカヤックが2020年度の人気移住地域「SMOUT移住アワード2020」を発表し、長野県伊那市が2位に選ばれました拍手
クリックすると元のサイズで表示します
移住関連の雑誌等で長野県は上位にランクインする常連ですが、その中でも我が伊那市が全国の市町村の中で2位に入ったのは誇りです。
クリックすると元のサイズで表示します
昨日は満開の見ごろを迎えたご近所のハナモモが、南アルプス・仙丈ケ岳を背景に咲き誇っていました。至るところでこのような自然があり、最高気温37.2℃、最低気温−17.9℃で、春夏秋冬、季節の移ろいをはっきりと感じることができるところです。

移住を検討されている方は、是非、伊那もその候補に入れていただけると嬉しいです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/4/6

選択の正当性  閑話

この4月に社会人26年目を迎えました。

これまでの25年間の社会人生活で、その時に後悔した選択が、留学から帰国後の32歳での転職。転職先の仕事が厳しく、一ヶ月後には他社の面接に出向いていたほどでした。

しかし、その後に正しいと思えた選択が、その転職先を辞めずに10年間頑張ったこと。辛かったけど、人生のうちで仕事と厳しく向き合うことも必要だと覚悟を決めた結果、あらゆることが自分の経験値を高めてくれ、夢の実現につながるという前向きな考えになりました。

その時の選択が正しいかは、結局はその後の着地点がどこかになったかに依るんでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

スタートの春。新たに選択した道を歩み始めた人も多いことでしょう。それが想像と違っていて疑問に感じてしまうことも多々あるかも知れませんが、まずは一年間は継続してみましょう。何事も全体が俯瞰できるようになると面白さや奥深さに気づき、そこにやりがいを見出せるはずです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/4/5

2021年3月のランニング記録  ランニング・筋トレ

先月のランニング総括です。

1月初めに左踵を故障し3週間の休足後、2月は整形外科医の指示通り、一気に負荷をかけないことを心がけ、105kmを走りました。左踵は順調に回復し3月に入りましたが、最初の一週間で約30kmを走った後、今度は右膝に痛みを感じ始めました。次の一週間を休足し、20日の「春の松本ランニングフェスティバル」10kmレースに合わせて調整するために、3週目からまた少しずつ走り始めました。

痛みは完全になくならない中、1年3ヶ月ぶりのレースにサポーターをして出場し、自己ベストを更新しました。痛みが増してしまったので、再び一週間の休足をして、最終週に3kmを3本走って様子を見て、終わりました。

2021年の月別走行距離
 1月 66.0km
 2月 105.0km
 3月 70.0km
クリックすると元のサイズで表示します
走行日数は14日、走行距離は70kmにとどまりました。今年に入って故障が重なり、思うように走れない日が続きます。フォームなのか、練習量なのか、加齢によるものなのか・・・?昨年末までは月間300km以上を7ヶ月続け、絶好調で今年に入ったわけですから、原因は全く分かりません。でも、「走っているからこそ故障をする」と前向きにとらえていこうと、気持ちを切り替えています。
クリックすると元のサイズで表示します
高校時代の同級生ラン友と@春の松本ランニングフェスティバル
私は(株)アミノサウルスの嵜本さんの動画を参考にトレーニングメニューを組み立てていますが、その動画の中で紹介されている体幹と臀筋を徹底的に鍛えるトレーニングを毎日行っています。

私の目標であるフルマラソンでサブ3.5に必要なのは、距離を踏む以外に、体重と体脂肪管理、筋トレと体幹トレーニングです。現在、体重60kg・体脂肪率14%なので、夏までに58kg・12%を目指します。

幸い、右膝の痛みも消えつつあり、何とか普通に走れるようにまで回復しました。次の出場レースは5月30日の「上信国境 ダムtoダム ハイランドラン」です。新型コロナウイルスの感染状況によっては開催中止の可能性もありますが、常に目標を持ち、日々出来ることをやっていくのみです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/4/4

3,000日連続更新達成!  閑話

今日のこのブログ更新で、3,000日連続更新となりました。

2013年1月17日。当時、独立開業を決意し、そのためにTOEIC990点満点を自分に課していました。980点や985点が続いて満点を取り切れない自分がいました。原因を追究していた時、何かを毎日継続する力が自分には足りていないことに気づきました。TOEICで満点を取るまで、そして、指導する生徒たちに範を垂れる意味で、ブログの連続更新を決意したのが始まりでした。
クリックすると元のサイズで表示します
2014年4月7日にTOEICで満点を取得し、独立開業をした後も、続けられるところまで続けようと、夏期講習などで多忙な時期も、旅行に行った時も、インフルエンザで高熱にうなされた時も、毎日更新し、ここまでたどり着きました。

この約8年3ヶ月の間、Facebookが隆盛を極めたと思えば、その勢いはTwitterとInstagramに移り、ブログは時代遅れのツールにも思えました。しかし、FacebookやTwitterでつながっていないブログだけの読者の方がいらっしゃることに気づき、また、ブログには過去記事の検索が容易だったり、SEO対策に向いている利点もあるわけです。それらも、継続したからこそ、わかったことです。

そして、FacebookやTwitterで気軽につぶやいたことを、翌日のブログ記事で掘り下げていくという、ブログとSNSの使い分けや連動の仕方も、自分流ですが確立できてきました。

今後もライフワークとしてブログ更新を続けてまいりますので、今後ともブログ「英語道」をよろしくお願い申し上げます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/4/3

一日一英単語 第13週分  実用英語

私のTwitterで一日一英単語を紹介している【今日の英単語】。第13週分の英単語を列挙します。

3/26 colossal「非常に大きい」
3/27 entrepreneur「起業家」
3/28 run aground「座礁する」
3/29 glow「輝き;輝く」
3/30 slumber「うたた寝」
3/31 hub「中心地、拠点」
4/1 reservoir「貯水用ダム」

一週前の第12週分の3/25に紹介した torchbearer に関連しますが、昨日、伊那市で聖火リレーが行われました。

実家の前がリレー地点という絶好のロケーション。声は出せませんでしたが、拍手で応援しました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
コロナ禍のオリンピックの開催には是非がありますが、この聖火リレーだけでも雰囲気は十二分に盛り上がりました。早く今までの日常が取り戻され、スポーツなどのイベントを普通に楽しめる日が来ることを祈ります。

さて、このブログ更新で2,999日連続更新となりました。明日更新すれば、3,000日連続更新です(^^)v

>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/4/2

天下第一の桜を愛でる  閑話

昨日は家族で、天下第一の桜・高遠城址公園にお花見に行って来ました。毎年、全国から多くの観光客が訪れて大渋滞するので、地元民でありながら日中に高遠の桜を見に行くことはありませんでした。今年は新型コロナウイルスの影響と、年度スタートの平日ということで空いている思って出かけました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ところがどっこい、ものすごい人出で、県外ナンバーの車がほとんどでした。しかし、マスク着用が義務付けられ、入場時に代表者の姓と連絡先を記入し、検温と手指消毒、指定場所以外の飲食禁止、撮影スポットでの一方通行など、感染対策が徹底されたお花見でした。

コロナ禍でイベントが行われる時は、こういう感じが当たり前になっていくことでしょう。

帰路、「六道の堤」の桜を見てきました。伊那市民でも知る人ぞ知る、桜の隠れた名所です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
今日も晴れ渡って汗ばむお天気となりそうです。満開の桜のもと、伊那市内で聖火リレーが行われます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/4/1

“好き”を仕事に  閑話

25年前の今日、社会人としてのスタートを切りました。学生時代とは異なり、自分の時間がなくなる覚悟をして・・・。

確かに、最初の数年間は仕事が辛く、単調な毎日の繰り返しに嫌気がさすこともありました。でも、仕事をしながらも自分の将来を考え、好きなことを仕事にすれば自由に生きられることに、気づきました。

社会人は仕事に対して金銭という対価を受け取るため、常に責任がついてまわります。しかし、それは、仕事を通して自分が望むように人生を組み立てることができることも意味します。

私のように転職をしたり、独立したりすることが当たり前になった時代だからこそ、一つの企業で勤めあげる美徳も感じます。その仕事が好きになりプロフェッショナルの道を歩み続ける銀行員時代の私の同期たちも勤続25年か〜。すごいことです。

新社会人の皆さん、“好き”を仕事にしよう。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/3/31

3月の夏日  閑話

伊那市の最高気温が、一昨日は23.6℃、昨日は25.5℃で、アメダス伊那の3月の観測史上1位と3位を記録しました。3月に夏日を記録したのも初めてです。この初夏を思わせるお天気のおかげで桜の開花が一気に進み、満開となりました。
クリックすると元のサイズで表示します
今日で2020年度も終わり、明日から2021年度が始まります。この一年間は、町の役員として奔走しましたが、ようやく解放されます(笑)。昨日は一年間の締めとして、近所のごみステーションの未収集ごみを再分別しました。これで気持ち良く、次の担当者に引き継ぎできます。

8年前の今日、初めてTOEICkerのオフ会に参加させてもらいました。「これまでの自分」と「これからの自分」を確認できた素晴らしい一日となり、ホテルに戻ってからも気持ちが昂っていて、なかなか眠れなかったのを覚えています。あの日にTOEIC990点満点取得と独立開業への気持ちを新たにし、翌朝見上げた朝日に照らされた都庁。
クリックすると元のサイズで表示します
2013年4月1日 撮影
その一年後、TOEIC990点満点と独立開業を共に実現しました。目標を持った時、行動を続ければ、最初は不可能に思えた目標でさえ、必ず達成できます。

気づけば、同じく8年前の1月から毎日更新してきた本ブログ「英語道」の連続更新が2,996日となりました。あと4日続ければ3,000日連続です。一つのことを3,000日も毎日続けるのは不可能に思えます。でも、行動を続ければ必ず到達するのです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/3/30


来月18日に出場予定だった第23回長野マラソンが2年連続で中止となりましたが、オンラインマラソン大会「長野マラソン2021 ONLINE “RUN BELIEVE”」が開催されます。
クリックすると元のサイズで表示します
合言葉は“RUN BELIEVE”。長野マラソンでみんなと一緒に走れるその日が来ることを信じて走り続ける。そんな思いが込められているオンラインマラソン大会です。

私はこれまではオンラインマラソンには消極的でしたが、初めて申し込みました。長野マラソンへの思いを共有するランナーの証として参加賞のTシャツを着て走ります。
クリックすると元のサイズで表示します
早速、ランニングアプリ「TATTA」をダウンロードし、GARMINとの連携も済ませました。

今日の朝刊によると、松本マラソンが10月3日に開催が決定されました。全国でも少しずつマラソン大会が再開されつつあります。コロナ禍で様々な知恵と工夫が積み上げられ、新しいマラソン大会の形ができつつあります。来年の長野マラソンもオンラインではなく、従来の、しかし、新しい形のマラソン大会として開催されることを切に願いながら、4月はオンラインで走ります。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/3/29

Suez Canal から学ぶ  英語勉強法

スエズ運河で大型コンテナ船が座礁したニュースが日本のメディアでも連日取り上げられていますが、英字新聞も例外ではありません。日本の新聞では書かれていないことにも言及されていて、関連語彙だけでなく、スエズ運河について知ることが出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
Reutersより
「運河」は canal ですが、発音は キャ で、ナを強く発音します。これは、昨年のセンター試験でも出題されました。
クリックすると元のサイズで表示します
2020年度大学入試センター試験 英語 第1問B

記事で必ず出てくるのが run aground「座礁する」。これは絶対に覚えなければならないイディオムです。


全長が193kmあり、全世界の約3割にあたるコンテナが毎日通過していて、それはすべての商品・財の12%にあたるなど、周辺知識にも詳しくなれました。

クリックすると元のサイズで表示します

The Japan News の記事の見出しでは Canal に合わせて colossal と vessel を用いて韻を踏ませているのも面白いです。

一つのニュースでも掘り下げれば、語彙だけでなく様々な学びがあります。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ