2010/8/29

13年前の自分  閑話

今日は家族で出かける予定でしたが、長男が風邪風邪をこじらし気管支炎になってしまったため、妻と共に家の片付けや整理整頓に注力しました。

アルバム類を整理していた時、13年前にマレーシアを一人旅した時のメモ帳が出てきました。当時、銀行員2年目だった私は、仕事のやりがいや自分の人生について考え始めていました。英語の勉強は続けていて、英語に関係する仕事に転職したいとは考えていたものの、その勇気はまだまだ小さなもの。そんな時に1週間の有給休暇をもらい、往復の航空チケットだけを手にして、当てのない旅に出たのでした。飛行機

このメモは、搭乗ゲートのロビーで待っていたときに書いた文です。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、1週間の旅を終え、マレーシアを出国する時に、クアラルンプールのスバン空港で書いた文です。
クリックすると元のサイズで表示します
自分が13年前に書いた英文を読むのは恥ずかしい感じがしました。でも、進むべき道に迷っていた20代の自分に久しぶりに会えて、清々しい気持ちにもなりました。

過去があるから今がある。今があるから未来がある。常に自分あるべき姿を模索し、これからも日々を積み重ねていこうと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ