2011/2/9

新しい自分への処方箋  英語勉強法

長男の漢字検定が、無事終わりました。

試験終了後、教室から出てきた息子の第一声は
「“道路”の“路”だけが書けなかったー!悔しい!でも、他はできたから大丈夫」

やり終えた充実感と心地よい疲労感が、彼の顔には漂っていました。

「当分は漢字を見たくないよ(笑)」と冗談を言っていましたが、次は7級を受けると張り切っています。

日々の単調な漢字練習をしてきたからこそ、この充実感があるわけです。そんな姿を見ると、私も国連英検特A級に向けての日々のボキャビルに力が入ります。

以前のエントリで誓った『1100 WORDS YOU NEED TO KNOW』は毎日続けています。新出単語はカード化して、隙間時間にはとにかくそのカードを見て暗記に努めています。車の中車でも、歩いて徒歩いても、夜の戸外の暗い中月でも、寝る前の布団の中zzzでも、ウ○コウンチをしているきも・・・。(Excuse my French!^▽^

当然ですが、暗記の定着度は飛躍的に向上しています。このような姿勢を、受験当日まで続けることが合格の条件です。

今このような勉強ができているのに、英検1級を合格した後になぜできなかったのか。それは自己満足と自惚れに他なりません。

毎日30分でもいいから1日も休まず続けてきたら、また違った今の自分がいたでしょう。

しかし、過ぎ去った時間を嘆き悲しんでも何も始まりません。今の私は、やると決めたことはやり続けることができます。もう仕事の忙しさを言い訳にはしません。どんなに忙しくても、使える時間はみな平等にあるのです。

このやる気と習慣を続けることが、新たな自分への処方薬なのです。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ