2011/6/3

後悔できる勇気  指導現場にて

「なぜ自分は高1や高2の頃、もっと勉強しなかったんだろうって思います」
昨日の授業後、ある高3生が私に発した一言。

彼が入塾したのは高2の終わり頃。それから向学心が高まっていき、第一志望の大学へ向けて日々努力できるようになりました。

「過ぎ去った日々を後悔するな」と、よく耳にします。

しかし、“今”が充実しているからこそ、過去を後悔できるのではないのでしょうか。過去を後悔できる勇気は、成長した現在の自分がある証だと思います。

そんな彼をこれからも全力でバックアップしていくのが、私の役目です。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します



2011/6/6  3:30

投稿者:fukken

♪HUMMERさん♪
英語ブログ界で一番アツイHUMMERさんにそう言っていただき、とても嬉しいです。

生徒たちの心に入っていくには、指導者である自分が最もアツくなければなりません。

日々感じたことを素直に言葉に表せる自分でいたいです。

2011/6/4  2:12

投稿者:HUMMER

>>しかし、“今”が充実しているからこそ、過去を後悔できるのではないのでしょうか。過去を後悔できる勇気は、成長した現在の自分がある証だと思います。

I totally agree with you!
素晴らしいですね。
“過去を後悔できる勇気”
……超・名言ですね、しびれました。
fukkenさん、相変わらずアツイ日々ですね。
最高です。

http://independentstudy.blog118.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ