2011/6/13

10年前の居場所  閑話

昨日は、家族で長野市の茶臼山動物園に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
人気者のレッサーパンダをカシャッカメラ
私は10年前の2001年7月に、5年4ヶ月勤めた銀行を辞めて留学したのですが、辞めた時に勤めていた支店が茶臼山動物園の近くにあり、今回は10年前の自分の居場所を訪ねることにもなりました。

長野自動車道の更埴ICを降りてからは、すべてが懐かしい景色。

「お世話になった司法書士の先生の事務所だ」
「ここのお寿司屋さん、美味しいんだよな」
「ここの道は、通勤で毎日歩きながら、宅建の暗記をしていたな〜」
「あの社長のご自宅だ。元気でお過ごしかな?」
「あの時の区画整理事業でこんな町並みになったんだ」

などなど、とてもノスタルジックな気持ちになりました。

動物園を観たあとは、篠ノ井駅前の江戸屋さんでランチ。銀行員時代、飲み会の締めのラーメンを食べに、足繁く通っていたお店です。

ここの“昔ながらの支那そば”の味が忘れられず、今回は、家族みんなで美味しくいただいてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
食後は、駅前通りを散策しました。10年前は妻と2人で歩いていた街を、今は子供2人を連れ添って歩いていることに、時の流れを感じました。

10年前の自分にしてみれば、人生最大の決断であった退職と留学。そして、その後の10年は、瞬く間に過ぎ去り、現在に至った気がします。

これからも今まで以上に時は早く経過するでしょう。だからこそ、1日1日を大切にし、家族と共に歩んでいこうと思います。

昨日は、気持ちを新たにできた日曜日でした。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ