2014/6/28

現実を受け入れる  閑話

サッカー日本代表のブラジルW杯・グループリーグ敗退は、あまりにもショックでした。試合展開を見ていても、なぜこんなにも点が取れないのかと腹立たしくさえなりました。

しかし、敗戦後の選手や関係者のインタビューから、今回の結果が非常に大きな意味をもっており、これは大きく飛躍するチャンスであるということが分かってきました。
本田選手
「惨めですけど、これが現実。4年間やってきたことが、大きく間違っていた。自分のやってきたことを否定するところから始めるぐらいのことをしないと、おそらくダメなんだと思う」

長友選手
「すべての批判を受け止めます。僕はチームの勝利に貢献することができませんでした。批判してくれる人は自分を成長させてくれます。そのすべてをエネルギーに変えて、必ず成長します」


オシム氏
「失望する必要はない。長い目で見れば、日本のサッカーが進歩し、努力次第では一つ上のレベルに進む可能性を示した。この敗戦が『いい経験』になるかどうかは、今後の努力次第」


現実を認め、それを受け入れる勇気。そして、敗れた時にこそ、次のレベルに進むためにプラス思考を心掛ける。これは、勉強や仕事など日常生活にも当てはまることです。

新生・日本代表は、4年後のロシアW杯でどのような姿を見せてくれるのでしょうか。そして、4年後、自分自身はどのように変わっているのか。それは、今日からの過ごし方にかかっています。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。



2014/7/2  18:55

投稿者:fukken

♪純ドメ男さん♪
どんな状況でも確実に力を発揮できる真の力を身につけたいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ