2016/1/21

abandonの思い出  英語勉強法

今月16日に実施された大学入試センター試験の英語のアクセント問題で abandon が出題されました。大学入試おいては難しい部類に入る単語ですが、この単語には思い出があります。

高校2年生だった当時、英単語を単語帳で覚えても載っていない単語が分からないのが納得できなくて、辞書で覚えようとしました。もちろん当時は紙辞書しかありません。辞書に載っているすべての単語を覚えるのは不可能なので、単語の左上に重要度を表すアスタリスク(*)がついているのをアルファベット順で覚えようと決めました。そして、意気揚々とAから始めていきました。最初に*がついているのは a ですが、これは飛ばして次に*がついていた単語が abandon でした。そしてその意味を確認すると「〜をあきらめる、〜を捨てる」。そして、私も辞書を使って覚えるのは不可能と気づき、あきらめたのでした・・・(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
大学受験時代の戦友 『新英和中辞典』
その後、青春出版社の『英単語連想記憶術』で「『あ、晩だ』と勉強を“捨てる”」と語呂合わせが紹介されていて、記憶に深く定着しました。

この語呂合わせは、今でも私は授業で必ず紹介します。残念ながらウケはあまり良くないですが、それでも何とか記憶の片隅に残っていれば、今年のセンター試験のように役立つ時は必ず来るはずです。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ