2016/1/30

二次試験の奥義  指導現場にて

大学入試センター試験から二週間、出願大学も決まり、受験生は二次試験対策に取り掛かっています。この時期に毎年受ける相談が、「記述式は苦手です」。

結論から言うと、マーク式も記述式も変わりません。ただ、解答の仕方が変わっただけです。求められるのは、論理的思考。なぜその答えになるのか?客観的に順序立てて説明できるかがポイントです。

設問で問われていることを、自分の言葉で説明する。自分が先生になったつもりで、その設問の解説ができるか?それを意識するだけで、勉強のやり方が変わってきます。結局、マーク式であろうが記述式であろうが、問われていることは論理的客観的思考なのです。
クリックすると元のサイズで表示します
東京大学 安田講堂



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ