2018/4/21

一つのことに懸ける執念  英語勉強法

ピアニストの野村祥子さんがツイッターで、高校生時代のピアノのレッスンを毎回録音し、先生の言うことを一字一句楽譜に書き込まれていた楽譜の写真を載せられていました。
クリックすると元のサイズで表示します
※写真は野村さんご本人の許可を得て掲載しております
このような生徒に出会う可能性があるから、指導者はどんな生徒であっても手を抜かず常に全力で指導します。英語であれば、一語一語に想いを込めて・・・。

私も浪人時代に、代ゼミの潮田五郎先生の授業をすべて録音し、復習時に聞き直し、一語も漏らさずにノートに書き込みました。そして、理解したその英文を最低20回以上、声に出して音読しました。
クリックすると元のサイズで表示します
当時のノート
あの執念と積み重ねがあったから、今の礎ができたと断言できます。努力は決して裏切らない。努力のみが自分を信じられる力を創り上げ、夢を実現する源となります。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ