2007/4/6

Dice-K's great debut  閑話

今日は松坂のメジャーデビューの日。夜中の2:50に起きて、見てしまいました!

昔は巨人ファンだったのですが、今は日本の野球は全く見ません。シアトルではセーフコ・フィールドに何回も足を運び、帰国後は仕事柄午前中がフリーなことが多く、テレビ観戦できることから、メジャーリーグに詳しくなってきました。

私は野球の魅力として、特にピッチャーの投球術に惹かれます。今回の松坂の素晴らしさをどれくらいの人がわかっているでしょうか。ダイジェストでは、全くもってわかりません。やはり、一球一球の組み立てを見ていくとおもしろいのです。

前半はファストボール(=ストレート)中心でした(ストレートと言っても何種類かありますが・・・)。そこにスライダーとチェンジアップ?(生放送の地元メディアの解説はジャビロボールといっていました)を組み合わせていました。

先頭打者にヒットを打たれたのですが、その2打席目の初球はスライダー。組み立てを変えてきました。

圧巻だったのは4回の三者連続三振。‘松坂’と聞くと速球派のイメージがありますが、実は変化球が天下一品。腕の振りがストレートも変化球も同じため、手すら出せない打者もいました。

後半は下半身に疲れがあるように見受けられましたが、フォークボールを多投し、明らかに打者を惑わせていました。

一通り米メディアの記事をチェックしましたが、どれも松坂を絶賛していました。

投球術と言えば、やはり桑田ではないでしょうか。今回の桑田の怪我は非常に残念です。燻し銀の投球術で打者を翻弄する桑田を目にできるのは、いつになるでしょうか?



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ