2020/4/8

得意を見つけ、しがみつく  閑話

NHKの朝の連続テレビ小説『エール』。森山直太朗が演じる藤堂先生が、幼少期の主人公の作曲家・古山裕一に語りかけた言葉が、心に響きました。

「人よりほんの少し努力するのが辛くなくて、ほんの少し簡単にできること。それがお前の得意なものだ。それが見つかれば、しがみつけ。そうすれば、道は開く」

現代こそスペシャリストが求められており、ジェネラリストが重宝がられていたこの時代はもう一昔前のこと。その時分
に、こういう言葉を発せられる指導者に出会えたことは人生の財産でしょう。

下手すると、現代もジェネラリスト的な考えに束縛された親や指導者が多く、その考えに潰されてしまう子供も多いです。生徒が自分の得意を見つけ、それを伸ばしていく指導者でありたいと、改めて思いました。

クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ