2007/11/22

好きこそ物の上手なれ  子育て

息子(4歳)が最も興味をもっているものが日本地理。残念ながら、英語ではありません。

暇さえあれば、地図を見ています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
以前のエントリで紹介した公文のパズルがきっかけでしたが、今や各47都道府県のパズルを裏側から見て全て当ててしまうほど完璧に覚えました。
クリックすると元のサイズで表示します
これは『JAF Mate』(12月号)ですが、もちろん県名が見えないように隠して、「これは何県?」と尋ねると、「あー、大分県じゃーん」と目を輝かせました。

「どうして大分県って分かるの?」と聞くと、「ここが丸いから大分県って分かるんだよー」と言って、中央上部の丸みを帯びた国東半島を指差しました。いやはや、‘好きこそ物の上手なれ’とはよく言ったものです。日本地図に関しては、息子には勝てません。

我が家は、以前ほど息子への早期英語教育には拘らなくなり、興味を持ったものを徹底的に追究させる方針に転換しました。

同時通訳の神様と言われる國弘正雄著『國弘流 英語の話しかた』を先月読了しましたが、こんなことが書かれています。
「彼ら(=英語ができる人)には、英語なんて自分で努力するもの、という心意気があるのです。そういう人は、中学・高校でどんな教師に教わろうが、どんな教え方をされようが、結局自分で道を開いていきます。」(339ページ)
的を射たり、と言った感じです。本著を読んだ後では、小学校における英語必修化の議論が空しく感じられます。英語の早期教育だけを特別視して議論するのはおかしな話。いくら早くから英語に触れたからと言って、絶対できる様にはなりません。だって、算数は皆小学校1年生からやっていますよね。でも、中学・高校では他教科に比べて数学嫌いの数ときたら半端ではありません。むしろ英語好きの方が多いくらいです。

小さい頃から向学心さえ養っておけば、後は自分の努力でどうにでもなる。我が家は、「勉強って面白い!」という思わせる環境づくりに力を入れるようにしています。そして、常に論理的に考えさせるような会話を心がけています。論理的といっても堅苦しいことではありません。怒る時も「○○してはダメ」ではなく「なぜ○○してはいけないか分かる?」と聞くだけでいいのです。そうすると「なぜなら」「だって」と考えるようになります。

学問では論理的・客観的思考が大事です。以上のことを心がけるだけで、この思考回路ができるのです。

もうすぐクリスマス。そんな訳で、息子の向学心を駆り立ててくれるようなプレゼントには頭を悩ますところ。入院中に購読した『プレジデント Family』(2008.1月号)は非常に興味深い内容です。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。



2007/11/29  1:15

投稿者:管理人

☆naoadamsonさん☆
お見舞いのコメントありがとうございます。
体調はだいぶ復活してきました。
英語の勉強や英語学習法について考えるのが、自分にとっての最良のリハビリになります。
今後とも、いろいろと情報交換をよろしくお願いします!

2007/11/29  1:11

投稿者:管理人

☆rigmarole2007さん☆
rigmarole2007さんのブログ、私好みです。
共に硬派なブログを目指していきましょう!

2007/11/29  1:05

投稿者:管理人

☆大槻先生☆
コメントありがとうございます。
今回の闘病生活では、改めて「家族の絆」について考えさせられました。
今後は、仕事・家庭・健康のバランスを上手に保っていきたいと思います。

2007/11/29  1:02

投稿者:管理人

☆タケさん☆
コメントありがとうございます。
英語習得においてインプット学習を重視する私ですが、アウトプットの英語力がチヤホヤされる昨今において、高校英語の重要性は益々高まるばかりだと期待しております。
是非とも、高校英語の現場の声をお聞かせください!

2007/11/26  23:37

投稿者:naoadamson

 4歳の息子さんが、日本地理に興味を持っていて、形を見ただけで、大分県と分かってしまったと聞いて、驚きました。まさに、「好きこそものの上手なれ」ですね。

 ところで、英語道さん、入院されたと聞きましたが、大丈夫ですか? どうぞ、お体にはくれぐれもお気をつけて、ご活躍下さい。

http://blog.goo.ne.jp/naoadamson/

2007/11/23  8:16

投稿者:rigmarole2007

私のブログに訪問してくださいましてありがとうございます。勉強に元気が沸いてきます。
私も2年前に『國弘流 英語の話し方』を読みました。前に居た職場の学校で、英語の先生が絶賛していた本でした。
色々と参考になる話がありますが、のっけの只管朗読というのは、なかなか実践するのに勇気が要りそうです。

http://blogs.yahoo.co.jp/rigmarole2007/

2007/11/22  22:14

投稿者:同僚 大槻

手術が成功し、無事退院でき本当によかったと思います。自分の身体は自分のものなのになぜかしら自分の思い通りにいかないときが長い人生の中には多々あります。そんな時は焦らず、ゆっくりと前に進んで行くことだと思います。子供からもらうパワ−で自分の身体に力がみなぎってくるはずです。

2007/11/22  20:00

投稿者:賛成します。

英語より人格や人間性の教育です。そして健康。

2007/11/22  19:14

投稿者:タケ

 先生ご退院おめでとうございます。早速精力的に動かれておられるようですが、無理をなさらぬようお大事にしてください。 
 小学校英語必修化については現場も心配の意見が多数です。恐らく専門でない担任の先生が教えることになりそうですが、小さいうちに変な発音の癖などをつけて欲しくないというのが私達高校教員の重いです。
 それではお元気で。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ