2021/9/27

信州駒ケ根ロードレース  ランニング・筋トレ

昨日、半年ぶりの大会となった「信州駒ケ根ロードレース」5kmの部に出場しました。コロナ禍でマラソン大会の中止が相次ぐ中、開催してくれた大会関係者には、感謝しかありません。

・参加資格は上伊那地域在住者のみ
・受付時に体調チェックシートの提出
・開閉会式なし、表彰式なし
・時間差で2人ずつのスタートするウェーブスタート
・スタートとゴールが別
・途中の給水なし
・シャトルバスなし
・沿道の応援なし
・スタートまではランナー同士が距離を取り、マスクも必着
・完走証はWEB上のダウンロードで後日発行

このように感染対策が徹底された大会です。

ドライブスルー形式の受付を済ませた後に指定された駐車場に向かいました。駐車場からスタート地点まで約3kmありましたが、昨日は朝から強い雨が降り続き、しかもシャトルバスがないため、体を冷やさないようにポンチョを着て、傘を差しながら小走りで会場へ向かいました。結果、いい感じでウォームアップになり、体がほぐれて温まりました。
クリックすると元のサイズで表示します
スタート地点

クリックすると元のサイズで表示します
天竜川沿いの堤防コースです
スタートまで45分にほどありましたが、直前まで体を動かし続けて冷めないようにしてスタートを迎えました。申告タイム順のウェーブスタートで、2001番というまさかのグループトップのスタートでしたが、後続のランナーに抜かれることなく、普段の練習成果を出せた結果、5kmの自己ベストタイムとなりました。

今回のデータは以下の通りです。
走行距離 5km
コース高低差 16m
タイム 21分18秒
平均ラップ 4分12秒/km
消費カロリー 295カロリー

クリックすると元のサイズで表示します
1kmごとのラップ
1km 4分14秒
2km 4分26秒
3km 4分12秒
4km 4分08秒
5km 4分18秒
コロナ禍の、そして、大雨の中の大会でしたが、そんな条件下でも出場するランナーは体つきからみな健脚揃いなのは一目瞭然でした。そんな中に自分がいることにスタート前はプレッシャーも感じましたが、練習量なら負けてませんし、自分も走り込んで日焼けして引き締まったランナー体型であるのだから、周囲から同じように見られているはずだと自己暗示をかけ、5kmを走り抜けました。

午後にはHP上で総合順位が発表され、5km出場者155人中、なんと30位に入ることができました!上位20%以内に入れたことは、今後のラン生活において大きな自信になります力こぶ

午前中には帰宅し体を少し休めましたが、夕方には雨が上がったので、9kmのランニングで身体をほぐしました(笑)。空には大きな虹がかかり、充実した日曜日の締めくくりとなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
コロナ禍で大規模なマラソン大会はまだ当面中止となりそうですが、再開されたその日のためにモチベーションを持ち続け、これからも日々のトレーニングを積み上げていきます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ