2021/12/5

変わる高2生  指導現場にて

半年前、宿題の音読をいい加減にやっていて、ただ授業を受けて満足している状態になっていたある高2生。一喝したところ、英語に対する姿勢が変わり、7月の英検で準2級合格、そして今回の2級合格へと飛躍を遂げました。その彼女は、先週は期末テスト期間中だったにもかかわらず、テスト範囲とは関係ないのに、宿題として課している音読をきちんとやってきました。その回数100回以上。「私、英語が出来ないんで、やるしかないんです」と、彼女。やはり結果を出す生徒は、勉強に向かう心意気が違います。

他の高2生からは修学旅行のお土産をいただきましたが、そこには一言添えられていて、決意表明がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
この気持ちが最高に嬉しいですね。

早ければ一年後には推薦などで進路が決まっている可能性もある高2生たち。大学受験はもう彼らの出番です。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ