エンピロのネタ箱2

 ギャグ・ユーモアを交えて会津から情報を発信。ときには風刺・皮肉の効いた辛口発言も飛び出す。ネタは尽きるとも話は尽きぬと人は言う。話好きな会津の耕族が話題作りに再度チャレンジ。
 エンピロのネタ箱2でも自生活を暴露しながらあなたに笑いをお届けします。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。ジャンルを問わないランダムブログで雑学ネタも随時掲載。では、楽しいひとときを。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
メイの家さん 
そうなんです。ただ女性が先頭に立って戦っているというだけで、最初から趣が違うんですよね。八重さんだって2番煎じでは不本意かと思いますw

会津をPRするには、ギャグだけでは弱いので、何か意気込みというか力強さを出さなければいけないかと思いまして(笑)

テレビ番組特に大河ドラマは1回目の放送がカギを握っています。子役がよかったので視聴率アップになると思います。初回に登場人物を全員出すという粋な計らいをしました。素晴らしい演出効果だと思います。それぞれの繋がり・相関関係がわかりました。吉田松陰が会津に来て、山本覚馬と接点があったことは知りませんでしたからね。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:メイの家
確かにジャンヌダルクや巴御前とは、まったく趣が違うように思います。まあ、同じ人は二人といないんですけども。

>会津人の生き様、会津魂を実感して欲しいところである。

力か゛入っていますね〜。(笑)
私からは、会津人の生き様も、会津魂もどこかに行ってしまった。いや、最初から持っていませんでした。

八重の子供の頃の子役、かわいいです。ファンになりました。

http://meinoie.blog44.fc2.com/
投稿者:エンピロ
毛利小五郎さん 
迷子というよりは、入ってきたところでない出口に向かってしまったんですよね(笑)今では、鶴ヶ城も幕末当時の赤瓦に葺き直されました。もっともっと案内したかったのですが、主なところは訪れましたよね。

猫の駅長「バス」には最近お目にかかっておりませんが、たぶん昼寝をしながら元気だと思いますw

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:毛利小五郎
鶴ヶ城懐かしいですね。迷子になったのを思い出しました(笑)。初めて福島にお邪魔してから3年たちましたが、いろいろ案内して頂き有り難うございました。猫の駅長さんは元気ですか。
投稿者:エンピロ
龍の親父さん 
大河ドラマも最初のうちは見るのですが、すぐに見なくなってしまいます。山本八重よりも新島八重になってからが長いのですが、儀に生きる会津人の頑固なところも見所です。

このドラマで綾瀬はるかも株があがるでしょうね。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:龍の親父
今日から久し振りに大河を見ます。楽しみです。綾瀬の写真集も持っています。
投稿者:エンピロ
yukiさん 
まだ先だと思っていましたが、ついに放送されますね。映像は違いますからね。綾瀬はるかが山本八重(新島八重)のルックスと違い過ぎるとは思いますが、どのように演技してくれるのか楽しみです。

仰るとおりです。このドラマを機に、福島・東北・日本が元気になって欲しいものですね。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
カカロットさん 
福山雅治の大ファンのカカロットさんですから、龍馬伝は欠かさずご覧になったことでしょうね。

戊辰戦争そのものでなく、会津出身の女性を取り上げたドラマというのがうれしいですね。

記事は3分の2でやめました(笑)最後の「日本のナイチンゲールとして」の部分は機会があれば、記事を書くかも。

福島県を愛して止まないカカロットさんには頭が下がります。ありがとうございます。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
ジュマさん 
平清盛はあまり人気がなかったようですね。「源平の戦い」に負けたと言ったところかな?

私の住んでいるところは観光地でないので、それほど影響はありませんが、経済波及効果において大河ドラマの貢献度は大きいですからね。会津だけでなく、福島県全体が活気を浴びて欲しいところです。

ネタばれになるので、余り詳しく書く必要はないですが、関連する本を1回読んでからテレビを見る方が理解度は上がりますね。

辞世の句にはなりませんでしたが、八重は死を覚悟して、簪(かんざし)に似たような金具で、涙ながらにこの句を書いたそうです。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:yuki
いよいよ始まりますね
どのような映像になるのか楽しみです
賊軍・敗者として描かれ続けた会津・・・
このドラマで福島に・東北に・日本に勇気を与えてくれるといいですね
1|2

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

掲示板

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ