エンピロのネタ箱2

 ギャグ・ユーモアを交えて会津から情報を発信。ときには風刺・皮肉の効いた辛口発言も飛び出す。ネタは尽きるとも話は尽きぬと人は言う。話好きな会津の耕族が話題作りに再度チャレンジ。
 エンピロのネタ箱2でも自生活を暴露しながらあなたに笑いをお届けします。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。ジャンルを問わないランダムブログで雑学ネタも随時掲載。では、楽しいひとときを。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
メイの家さん 
赤べこはプレゼントするのですから、お金も掛かっているのです。ダキさんは自費で会津をPRしています。

富良野を訪れたことがありましたか。それは若い時だったのかな?

確かに観光農園ですが、町の観光地としても大きな役割を果たしていると思います。ここは全く嫌味を感じませんでした。会津にもないことはないですが、これだけの規模の観光農地はございません。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
yukiさん 
コース設定は何カ月も前から、ダキさんが練ってきました。予備コースも備えてあるのですよ。カーナビは5インチで見づらいものでした。レンタカーにカーナビは付き物ですが、それは役に立ちます。

そうです。メンバーの誰ひとり文句を言う人がいないのがうれしいです。何と行っても気心が知れた連中ですから(笑)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
今日はダキさん改め華美腹麦笑さん 
麦秋から麦笑さんに改名ですか(笑)任意スポットは益々人が集まりそうな気がします。今回は北海道旅行の最適シーズンと言えるでしょうね。青空の広がる天気が物が立って、いや物語っていました。じめじめしていなくて気持ちよかったです。

混雑する時間帯を避けて、上手にスケジュールを組まれたことが最後まで効果がありましたね。私は運転に徹しようかと思っていました。全員運転免許を持ているので、誰が運転してもよいのですが、ワゴン車など慣れない車を運転するのはかなり神経を使うかと思います。その点、どんな車でも乗り回し、安全運転かつ手慣れたハンドルさばきと、フットブレーキをほとんど使わないチェンジレバー操作をみせるエンピロに運転を任せておけば、まず安心だろうという暗黙の了解ができていますからね。

仮に“望岳台”“白髭の滝”“青い池”がコースに入っていなかったら、感動が半分に終わっていたかも知れません。いい場所を紹介してもらい、メンバーが喜んでいました。

砂川ハイウェーオアシスでジンギスカンを食べたくない理由から、私がコンビニで昼食を取ろうと言いだしたのには笑ってしまいました(笑)

次回が楽しみですが、この時期に限らず長期間は難しいですね。



http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:メイの家
赤ベコキーホルダーを50個も持ち歩きしてPRしている「ダキさん」には拍手を送らさせていただきます。パチパチパチ。

昔、富良野に住む近辺を案内てもらったことを思い出しました。「果てしない〜おおぞらと」という感じでですね。

「ファーム富田」たぶん観光農園だと思いますが、この手の施設は全国あっちこっちに見かけるようになりました。
会津にもありますか?

http://meinoie.blog44.fc2.com
投稿者:yuki
コース設定がよかったのか
ナビが優秀だったのか
いやいや皆さんのチームプレイがいい結果を生んだのでしょう
(^O^)/
投稿者:今日はダキさん改め華美腹麦笑
季節や花を相手に観光すれば、人気のあるところであれば混雑や渋滞は必至。
だからと言って旬を外せばつまらなかったと言われてしまいます。
人より先に行動するのがコツかと思いますがみなさん良く付いて来て下さいました。
お陰様でスムーズな進行が出来、数多くのスポットに立ち寄ることが出来ました。
なかなか行けるところではなかったので悔いの無いよう気合が入りました。
当然のことながらエンピロさんのサポートなしでは出来なかったことでしょう。
重ねて厚く御礼申し上げます。

正直、“望岳台”“白髭の滝”“青い池”は行けるかどうかファーム富田で考えていました。
悩んだ末思い切って行くことに決めましたが
かなり時間にナーバスになってしまいました。
そうしなければお土産を買う時間は充分取れなかったことでしょう。
苫小牧に保険の1時間は作っておきましたがあてには出来ませんから。
ふらのワインハウスでの食事をパスしたのは仕方のないことでしょう。

若し、望岳台以下回らなければファーム富田ゆっくりしていてワインハウスで早めのランチ、ちなみにステーキとチーズフォンデュー&ワインを予定していました。
勿論、運転手は私がするつもりでした。
これはこれで一つの旅行だったと思います。

総じて、天候に恵まれ、混雑・渋滞に遭遇することもトラブルもなく、終始笑いのうちに終えた旅だったと思います。

旅行参加者のご協力改めてお礼申し上げますとともに長々と書いてしまったお詫びをこの場を借りて申し上げます。

いつになるか分かりませんがまた多くのメンバーで旅に行きたいものです。

http://happy.ap.teacup.com/dakiboy4/

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

掲示板

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ