エンピロのネタ箱2

 ギャグ・ユーモアを交えて会津から情報を発信。ときには風刺・皮肉の効いた辛口発言も飛び出す。ネタは尽きるとも話は尽きぬと人は言う。話好きな会津の耕族が話題作りに再度チャレンジ。
 エンピロのネタ箱2でも自生活を暴露しながらあなたに笑いをお届けします。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。ジャンルを問わないランダムブログで雑学ネタも随時掲載。では、楽しいひとときを。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
メイの家さん 
ありがとうございます。プロではありませんが、田んぼを歩いていると目に付きます。今年は発生が多かったです。

減収量はネット検索して、あるサイトに書いてあったので参考に記しておきました。詳しくは知りませんが、適期防除は8月上旬でしょうかね。

「苞(つと)」の代表は、水戸の「つと納豆」でしょう。子どもの頃は藁に入っている納豆が主流でしたからね。時代がわかる?(笑)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:メイの家
さすがに農業のプロですね。
イネツトムシなんていうのは、全く知りませんでしたが、わかりやすい記事で大変勉強になりました。

「8月中旬に全葉が食害されると約50%、半分が食われると約10%の減収」ということは、適期防除というのは、8月初旬あたりなのですか?

イネツトムシもイチモンジセセリも見たことありませんが、ただ、「苞」というのは、こんな風になっている稲の葉っぱは見たことがあるかもしれないなあ。

http:surfasshusurasshumeinoie.g;iblogus@f44.fc2.com
投稿者:エンピロ
毛利小五郎さん 
詳しい方の話によれば、成虫は南の方から大群で飛んで来るのだそうです。そして青々とした葉の稲を見つけると、着陸?するとのことです。そして卵を産み付けるのです。ムシしたわけではないのですが、相手もガが強いのでしょう(笑)

いもち病が発生していますか。こちらはさほど多くはないです。8月下旬から9月に入っての低温の影響でコシヒカリの収量が下がっているとのことです。平年並みと発表されるでしょうが、実際は「やや不良」になりそうです。



http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:毛利小五郎
お早うございます。
虫も栄養たっぷりの青々した葉が好きなようですね。無視すりわけにもいきません(笑9。
天草はイモチ病の被害や日照不足で、作柄は「やや不良」になりそうです。お互い忙しい月になりそうですね^^。

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

掲示板

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ