エンピロのネタ箱2

 ギャグ・ユーモアを交えて会津から情報を発信。ときには風刺・皮肉の効いた辛口発言も飛び出す。ネタは尽きるとも話は尽きぬと人は言う。話好きな会津の耕族が話題作りに再度チャレンジ。
 エンピロのネタ箱2でも自生活を暴露しながらあなたに笑いをお届けします。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。ジャンルを問わないランダムブログで雑学ネタも随時掲載。では、楽しいひとときを。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
メイの家さん 
芋洗いをやったことがあったのですか!?私もこどもの頃。芋洗いを左右に動かして手伝ったことがありましたね。あのような枝張りがないと芋洗い棒にはなりませんよね。何の木で作ったのか確認していませんでした。

サトイモはこの時期の芋煮会には欠かせません。洗っておいたものは萎びてしまうようです。冷凍にするしか保存方法はないような気がします。いっぱいあり過ぎて食べきれません。

家族揃って庭で芋煮会をされてはいかがですか。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:メイの家
サトイモ掘りも、もう何十年もやっていないなあ。
ましてや、イモ洗い。
この棒を見ても何に使う棒か、うちの子供達なんか絶対わからないだろうと思います。

キノコと豚肉入りのいも汁、このシーズンはこれが最高ですね。
そしてこの季節は、芋煮会。
あの頃に帰って、もう一回やってみたいなあ。(笑)


http:surfasshusurasshumeinoie.g;iblogus@f44.fc2.com
投稿者:エンピロ
ダキさん  
娘さんが料理を作ってくれるのはありがたいですね。普段からお父さんとお母さんの料理を見て育ってこられたので料理が上手だと思います。里芋の煮転がしがおいしいです。

尾瀬で話題になる水芭蕉はサトイモ科です。サトイモは他の芋類と違って、畑に水が多い方がいいのです。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
はるすみさん 
女房に代わって御礼を申しあげます。穴があったら入りたくなってしまうほどの褒め言葉に恥ずかしくなってしまいます。ごく普通の女性ですよ。親父と私の間に入って、まあ私をよくサポートしてくれていますw

サトイモは何の料理に入ってもおいしいですよね。冷凍食品のサトイモは間違いないです。冷凍サトイモは3種類あるのですね。八百屋で買った芋でおかしなサトイモがありましたか。きっとそれはカシライモでしょう(笑)

泥のついたサトイモは新鮮な気がします。保存するには洗わないほうがいいのかもしれませんが、料理することを考えれば、泥を落として置いた方がいいです。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:ダキさん
昨日、偶然に娘が里芋料理を作ってくれました。
いもは、じゃがいも、サツマイモ、里芋みな好きです。

里芋と言えば水芭蕉、サトイモ科でしたね。
ザゼンソウも。
投稿者:はるすみ
奥様は健康で美人で気立ても良い上によく働く私にとっては理想のお嫁さんです。私だけではありません、日本の嫁の鑑のような方ですね。前からそのように思っていた事をお伝えしてしまいました(^^)/

恥ずかしながら、私もサトイモが大好きで煮物は勿論、トン汁にも入れて楽しんでいますが、実は冷凍食品のサトイモを使っています。八百屋さんで何度もおかしなサトイモを買ってしまった経験から、もう何年も冷凍物です。3種類の冷凍サトイモがありますが、そのうち一種が美味しいのでそれに決めてます。

こうしてエンピロさんの写真を拝見すると、やっぱり泥のついたサトイモが懐かしくなってきました。やっぱり美味しさが違いますよね。
投稿者:エンピロ
yukiさん 
ありがとうございます。
サトイモはいろんな料理がありますね。味噌をつけた田楽サトイモが好きです。

確かに収穫作業は辛いものがありますね。しかも株から土を取り除き、芋を剥がすのに苦労しますからね。三本ぐわはジャガイモ掘りに適していますが、サトイモ掘りには向いていないような気がして使ったことがありません。

毎年一人でコツコツやっていました。女房が一緒だと疲れもでませんw

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
karinさん 
ありがとうございます。
サトイモは実家にいらしたころから眺められていたものと存じておりました。大きな葉っぱは、表面張力で水がコロコロと転がるのです。葉っぱを頭に被れば雨傘?にもなりますw

のっぺ汁と言えば、新潟県の郷土料理ですね。もちろんサトイモは欠かせないでしょう。こちらの「こづゆ」にも必ず入ります。新サトイモはで回っているかと思います。我が家でも、向いたサトイモを冷凍保存しています。



http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
毛利小五郎さん 
ありがとうございます。
元気にお父さんが作っていらっしゃるのですか。2本では本当に食べる分だけですね。

1回では食べきれないですね。何回も食べていればなくなりますよ。今回掘ったのは全体の5分の1ほどです。全部掘って冬の間保管しますが、最後は腐ってしまうのが結構あります。人に分けてあげるのがいいです。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:yuki
お疲れ様です
芋汁 おいしいですよねぇ

でも私は里芋堀が一番嫌でした 
農作業の中で一番辛く嫌でした
昔我が家には機械が無く 三本鍬で一株一株起こしていました
5畝(せ)作っていました

1|2

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

掲示板

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ