エンピロのネタ箱2

 ギャグ・ユーモアを交えて会津から情報を発信。ときには風刺・皮肉の効いた辛口発言も飛び出す。ネタは尽きるとも話は尽きぬと人は言う。話好きな会津の耕族が話題作りに再度チャレンジ。
 エンピロのネタ箱2でも自生活を暴露しながらあなたに笑いをお届けします。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。ジャンルを問わないランダムブログで雑学ネタも随時掲載。では、楽しいひとときを。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
メイの家さん 
見たことがないのですが、馬糞に似ているのですか? 高級なのでツアーでは食べることができませんね。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:メイの家
馬糞うに、名前は悪いけどうまい。
誰があんな名前をつけたのだろうかとおもうけど、似てなくも無いかな。ウニを食うたびに、といってもそんなに多いわけではないけど、必ず馬糞という単語が頭にチラつきます。

http://^yw@dq4
投稿者:エンピロ
omotannさん 
サンセットは何回も摂りましたよ。30分以上も前から待機していました。スポーツでいうなら「3セット」をフルに戦ったようなものですw

ウニの量はアップしなくても十分に伝わりますよね。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:omotann
見事なサンセットに、30年以上も前に感動したハワイでのサンセットクルージングを重ね合わせて拝見しました。

ウニとイクラのセット丼には生唾を飲み込みました。たまりませんな。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
bluetearさん 
ウニはこだわりがあるんですね。確かに利尻島で食べたウニは臭いもなく新鮮な食感でした。

いくらはどこでも食べられそうな気がしたので、ウニ丼に人気が集まるようです。ツアーなので、ムラサキウニは想定内ですよね(汗)バフンウニも食してみたかったところです。

フェリーからのサンセットは想定外でしたw 若いカップルはいませんでしたが、確かにロマンチックだと思います。写真もよく撮れたのでいいおみやげができました。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
龍の親父さん 
携帯から写真が良く見えなくてはつまらないですよね。「ねぇちゃんガイド」をウケたのはガイドと添乗員だけです。二人の前で話しただけですから。


http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
ダキさん 
個人旅行ならフェリーに乗るだけのケースもありますね。すべてのルートが貸切バスなので、至れり尽くせりと言ったところです。

オタトマリ沼では、3巻1000円は目に入りましたが遠慮してしまいました。とりあえず味見をしただけでした。

会津藩士の墓でお参りして来られたのですね。福島県知事、会津若松市長が表敬訪問するのも当然でしょうね。礼文島に会津崎という地名があるとは知りませんでした。会津にゆかりのある地を踏んだことだけでも価値のある旅行でした。

バフンウニは高級なのは知っていましたが、出るはずはなと思っていました。ムラサキウニだと想像はついていましたが、利尻で食べただけでも満足です。

利尻昆布と名前が付いているものは値段も張っていました。4年前は日高昆布を買いました。なるほどウニは高級昆布を食べているのですか。ウニがおいしいわけだあ(笑)

「桃岩展望台に到着する前に猫岩を見ました。シャッタ―チャンスを逃してしまったのです(汗)高原や紺碧の海は独特で最高の眺めでした。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
yukiさん 
仰る通り海・山・空・沼・花のどれをとっても感動ものでした。うにイクラ丼はボリューム味もよかったです。

サンセットも我々への最高のプレゼントでした。サプライズもので感激しましたね。

会津藩士が命を懸けて守った利尻島を訪れたことは感慨深いものでした。先人の偉業に敬意を表さないではいられませんね。車窓からではありましたが、しっかり手を合わせてきました。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:bluetear
私はウニは、北海道の新鮮なモノしか食べられません。
北海道以外で食べるウニは臭くて無理です(T_T)
いくらが大好きなので、その丼物が美味しそうです♪

ウニは、ムラサキウニだと安いんですよね。
バフンウニが濃厚で高価なウニです。

フェリーからのサンセット、とってもキレイな写真ですね〜♪
この写真はとってもロマンチックです(^_-)-☆

http://blog.goo.ne.jp/tame_bluetear/
投稿者:ダキさん
>フェリーなのでバスも一緒に移動することは説明するまでもないだろう。
ところがありましたね。なるほど、行きの空港から帰りの空港まであらゆるところが貸し切りバスなのですね。フェリーにまで同行するとは思いもしませんでした。

>次にオタトマリ沼に立ち寄った。ここの売店で、ウニの軍艦巻きを味わった。
ここの売店はハタトマリますね。私もここで三巻1000円、エゾバフンウニ、特大のホタテが3個600円いただきました。これっておやつですかね。

 >利尻島だけで会津藩士の墓が3箇所ある。
お参りしてきました。前S福島県知事、現K会津若松市長が何年か前表敬訪問した記事がありました。礼文島の南部には会津崎という地名があったようないずれ会津にとってもゆかりのあるところなのですね。

>食べてから「ウニ丼」の方がよかったという意見も出た。バフンウニかムラサキウニなのかウニの種類はわからず仕舞いであったが、地元利尻産には違いないはずだ。

 利尻島一帯(利尻島、礼文島、稚内周辺)でとれた昆布を利尻昆布(北海道の中でもランクは最上位、ちなみに他では羅臼昆布、日高昆布が有名)と呼んでいるそうです。出汁をとっても濁らず澄んでいるところから京都などの高級料亭に納めているとか・・・その高級品を餌にしているウニだからまた格別の味があるとか。写真のウニはムラサキウニですね。実はこの間までエゾバフンウニは、利尻・礼文でしか食べられないとばかり思い込んでいましたが、積丹半島でもいただきました。

 

>「桃岩」は礼文島の代表的な観光スポット、
トレッキングしてきました。礼文島の最南端知床に泊まり、翌朝、ゆっくりと遊歩道に従って北上、お花畑と利尻富士、そして紺碧の海、本州では味わえない景色です。近くに猫が背中を丸めて座っている「猫岩」もありました。
1|2

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

掲示板

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ