エンピロのネタ箱2

 ギャグ・ユーモアを交えて会津から情報を発信。ときには風刺・皮肉の効いた辛口発言も飛び出す。ネタは尽きるとも話は尽きぬと人は言う。話好きな会津の耕族が話題作りに再度チャレンジ。
 エンピロのネタ箱2でも自生活を暴露しながらあなたに笑いをお届けします。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。ジャンルを問わないランダムブログで雑学ネタも随時掲載。では、楽しいひとときを。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
メイの家さん 
食欲の秋ですね。キノコは堪らないです。見せびらかしているようで気が引けます。ウソです(笑)

肉、しめじ以外はもらいものと自家産野菜ですw

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:メイの家
秋ですね。
あの暑さもどこへやら。
メニューもぐっと秋味ですね。

買ったものは全くなしでこのメニュー、たいしたものです。農家のいいところですね。

http://meinoie.blog44.fc2.com/
投稿者:エンピロ
ダキさん
天然に勝るものはありません。ウドなどの山菜も然りですね。本舞茸は高いです。なるほど冷凍保存もできるわけだあ。生であ味が逃げないのであれば最高ですね。バターの炒めものも美味しいでしょう。

栽培されて収穫祭をされたなら、味も格別だと思います。収穫の喜びを仲間と味わい、ワイワイ食べるのがいいですw 

名前の由来「見つけたら喜びの余り舞いあがってしまうキノコ」はまさにその通りです。一方「ワライタケ」の由来とはまた違いますね(笑)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
カカロットさん 
「食欲の秋」が来ましたね。病気持ちの私には鬼門です(汗・笑)


買ったものが全くないわけではありません。冷蔵庫にあった豚肉やシメジは生産できませんからwこの時期いも汁は最高です。

キノコ採りをされるのですか?私は食用と毒キノコの区別ができないので山に入ったことがありません(笑)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:ダキさん
天然舞茸は栽培舞茸の何倍もします。これを知ったのは、やはり天然舞茸の冷凍ものをいただいたときでした。強烈な香り、これぞ天然舞茸、冷凍してもこの通りですから、まして生であればなおのこと。そのときはバターと炒めて味深くいただきました。

仲間うちで舞茸の畑を作って4〜5年舞茸を収穫して食べたことがありました。味は、最高級ではありませんでしたが、仲間とともに喜ぶ収穫祭はまた格別なものがありました。舞茸採りの武勇伝を聞くとよだれが出てきますし、スケールも大きくなります。喜びのあまり舞いあがってしまう茸、名前の由来もわかるような気がします。

採れがけのサトイモ、それに秋刀魚、まさに秋の味覚たっぷりの夕食羨ましいです。

http://happy.ap.teacup.com/dakiboy4/
投稿者:カカロット
いよいよ到来!「食欲の秋」ですね〜。
羨ましい限りです。
買ったもの無くこれだけの料理を作れる奥様は素晴らしい。いも汁美味しいですよね、大好きです。
猛暑でキノコ採りを諦めてましたが、「マイタケ」の画像を見て、山への意欲が増してきました。


http://happy.ap.teacup.com/ysrtmsiawase/
投稿者:エンピロ
しかーしさん 
美味しいものの揃い踏みになりましたか(笑)いも汁=トン汁のようですが、こちら会津では醤油ベースですね。食材がたくさん入るので、コクが出てきます。味付けはその作る人の味が出ます。醤油だけでは、美味しい味にはならないかも。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:エンピロ
omotannさん 
普段は栽培ものを食べています。山で採れたマイタケのなんか我が家でも滅多にありつけるものではないですよ。マツタケの高いのには驚きました。

岡山は美味しいものが豊富なところですから、東の方角を見る機会が多そうですね。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:しかーし
炊き込みご飯、サンマ、いも汁、大好きです。美味しそうですネ…
いも汁は、しょうゆ味のようですが、仙台はミソ味が主流のようです。

http://cat.ap.teacup.com/0504/
投稿者:omotann
人工栽培のものでなく、正真正銘の山で採れたものとあっては、「幻のキノコ」と言われているものじゃないですか。マツタケやトリュフ以上に珍重されており、そのお味はさぞやで垂涎ものでしょうね。

こちらでは東の方角どころか、逆立ちしても口に入りそうにありません。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
1|2

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

掲示板

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ