エンピロのネタ箱2

 ギャグ・ユーモアを交えて会津から情報を発信。ときには風刺・皮肉の効いた辛口発言も飛び出す。ネタは尽きるとも話は尽きぬと人は言う。話好きな会津の耕族が話題作りに再度チャレンジ。
 エンピロのネタ箱2でも自生活を暴露しながらあなたに笑いをお届けします。タイムリーなオチのある話であなたをエンピロの世界へ誘(いざな)います。ジャンルを問わないランダムブログで雑学ネタも随時掲載。では、楽しいひとときを。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エンピロ
メイの家さん 
小・中学校の頃、学校から帰るとお帰りの日は仏壇に上がっているおはぎを食べましたよ。その当時、ラップなんていうものがありませんでしたから、握ったそのままでしたw

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:メイの家
>お帰りと言えば、この地域では「おはぎ」を作るのが一般的。

そうだっんだ。なにか会津のことがどんどん忘れていくようで、いや、最初から知りませんでした。その手のことに、子供の頃まったく関心なかったからなー。

http://meinoie.blog44.fc2.com/
投稿者:エンピロ
オリオリさん 
確かに春と秋の間は「お盆」があります。「覆水盆に返らず」といいますが、「先祖は盆に帰る」ですからね。

まんじゅうの天ぷらは、お中日に妹のところの法事で1個、翌日家で2個食べました。

さぞやお友達は喜ばれたでしょうね。タッパーで頂けるほどうれしいものはありません。「タッパーはいっぱいあるから返さなくていいよ」と渡すと相手も気楽ですね。

彼岸とかの特定日は足下を見られて価格が決まるようなものです(汗・笑)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:オリオリ
秋彼岸の後は春まで仏様は帰ってこないのでなんだかさみしいです。
毎日朝晩、父の好物を作って供えていたので本当に帰ってしまったという気持ちが強いです。
うちは中日もお帰りも饅頭のてんぷらでした。もち米を切らしていました・・・

お友達のお姑さんが入院中で、
お彼岸のお供えに凍み豆腐を一つ煮て出したと聞いて、うちにきたときに、ぜんまい煮やらなますやらを仏様に・・・とたっぱーに入れて持たせたらとても喜ばれました。
お彼岸はお花が高くてびっくりしました。

http://blog.livedoor.jp/oriori1211/m/
投稿者:エンピロ
yukiさん 
お盆のお墓参りとは違って、こじんまりとやるものですからね。

「ヌタ」と表記しましたが、会津では「ヌダ」が正確な発音でしたね(爆)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:yuki
我が家では母が 独りで仏さまを送って行きました
手料理は似たようなものですが「ヌダ」は有りませんでした (^^ゞ

http://kanecho.blog55.fc2.com/

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

掲示板

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ