(無題)  バトン

同棲ばとん

激しく妄想含みますので嫌いな方苦手な方はスルーしてくだささい









Q1.夜・・・

A「明日予定入れんとってな。俺がミーを独占する日やから」電話で言う内

B『明日ヒマか?ヒマやったら遊園地行こうや♪』 横山からのメール

C「明日ミーが見たがっとった映画始まんで☆一緒に行くやろ?」大倉



ヒロくんとたっちょんはなんかもし予定があったら断りずらいので…キミくん



〜妄想スイッチON〜

ミー(メールだ)



『明日ヒマか?ヒマやったら遊園地行こうや♪』


ミー(ヤッター)

ミー「………もっしも〜し」

裕「おぅなんや?」

ミー「なんやって何よ…メールくれたから嬉しくて電話しちゃった」

裕「//////なんやねん//////メールでええやんけ///////」

ミー「もしかしてテレてる??」

裕「ちゃうわアホ」

ミー「……もうイイよ」

裕「ゴメンこんなん恥ずかしいねん」

ミー「大丈夫しってるから明日は空いてるから遊園地行こうね」

裕「ほんまに分かったあとで時間メールするわ」

ミー「メール電話がいいのに…」

裕「もう〜ほんまに止めて」

ミー「分かった分かった明日ね」

裕「おう」


ガチャ



〜妄想スイッチOFF〜  






Q2.デートの待ち合わせで

A 〜♪・・・電話に出ると「スマン;寝坊した;」
  暫くすると「嘘やって☆お前全然俺に気付かへんねやもん」
  実は後ろにいた渋谷

B 〜♪・・・電話に出ると
 「あと10分だけ待っとって!」と言って切れた。
  「ごめん!これミーに似合うと思ってん」指輪を指にはめる安田

C 〜♪・・・電話に出ると
 「お前今どこにおんねん!?○○や言うたやろ!?」
 どうやら自分が場所を間違えたらしい。
 「今行くから待っとれよ」優しい錦戸



やっぱり二人で悩みますね…っていうか実際本当にあったのが亮ちゃんのですね(笑)コレは渋谷さん家のすばるさんで




〜妄想スイッチON〜

ミー(いない…)

ミー「」

すばる「スマン;寝坊した;」

ミー「えっマジで…」

すばる「……………」

ミー「分かった…どっかで時間つぶしてるよ」

すばる「嘘やって☆お前全然俺に気付かへんねやもん」

ミー「?」

すばる「うしろ」

ガチャ


ミー「すばる」

すばる「ずうっとココにおったのに気づかへんねんもん」

ミー「…いたんだぁ」

すばる「いたんだぁ〜ってなんやねんムッとしてたやろ」

ミー「したよだって約束してるのに…『今、起きたって』言われたらムッとするでしょ」

すばる「ミーでも怒るんや」

ミー「怒るわ」

すばる「それより、今日はドコ行こうか」

ミー「………」

すばる「ん?」

ミー「決まってないの?」

すばる「ミーが行きたいトコに行こうって思ってて…」

ミー「う〜〜なら、水族館に行きたい」

すばる「ほな行くか」



〜妄想スイッチOFF〜

  


Q3.お昼ごはんは彼オススメのお店へ!


A 村上オススメのパスタ屋

B 丸山オススメのお好み焼き屋

C 内オススメのオープンテラスカフェ



ヒロ君


〜妄想スイッチON〜

博貴「こっちこっち〜」

ミー「オシャレだね」

博貴「オシャレだけちゃうねん料理も美味しいで」

ミー「そうなんだぁ」

博貴「何頼む?」

ミー「オムライス」

博貴「あ、それ俺も〜」

ミー「なら…二人違うのにしてシェアしよう」

博貴「ココはこのサンドイッチ美味しいで」

ミー「ならそれで」

博貴「すいませ〜ん」



〜妄想スイッチOFF〜

 


Q4.彼が「見せたいモノがある」と言って連れてきてくれた場所は?

A 横山お気に入りの大阪の街が見渡せる丘

B 安田お気に入りのイルミネーションがキレイな通り

C 錦戸お気に入りの夕焼けがキレイな海



即答コレはミーが好きな夕日と海を見せてくれる亮ちゃん




〜妄想スイッチON〜


亮「見せたいモノがあんねんけど」

ミー「?」

亮「あかん…時間があんまない急ぐで」

ミー「な〜に〜」

亮「ほら、見てめっちゃ綺麗やろ…時間があったら見に来るねん」

ミー「///////////////」

亮「好きやろ?海も夕日も」

ミー「ぅん」

亮「絶対にミーに見せたかってん」

ミー「めっちゃ綺麗ありがとう」

亮「///////////////////」

ミー「?」

亮「っちょこっちあんま見ないで〜や」

ミー「なんでよ」

亮「恥ずかしいねんもん(小声)」

ミー「亮は本当に可愛いなぁ」

亮「年下扱いすんなや〜」

ミー「だって、下じゃん」

亮「…………」

ミー「好きな映画からの名言『亮が生まれてからミーがいない世界ってナイんだよ』だから、ミーが年上でイイの」

亮「………俺が生まれてからミーがいない世界がナイんや……」

ミー「そうだよ」

亮「あかん……嬉しくてしゃーないねんけど」

ミー「早い立ち直り(笑)」




〜妄想スイッチOFF〜

  


Q5.そろそろ帰らなくちゃ・・・

A「まだええやろ・・・?離れるん嫌やねん・・・」
  後ろから抱きしめてくる横山裕

B「まだ離れたない。これから俺ん家に行かへんか?」
  見つめてくる渋谷すばる

C「明日って休みやんなぁ?・・・遅なってもええよな?」
  手を握る村上信五

D「帰したないなぁ。ミーはどうしたいん?僕は2人きりになりたい」
  笑顔で抱きしめる大倉忠義

E「ミーとおると安心すんねん。せやから俺を一人にせんといてや」
  ギュッと抱きしめてくる錦戸亮

F「あんまかわええ顔せんといてぇや。歯止め効かんくなるやろ」
  キスする安田章大

G「キスしたい」とキス。
 「全然足りひん。このままやと帰せそうもないわ」姫抱っこする内博貴

H「いつ次逢えるん?それまで待てへん。俺はミーとずっと一緒におりたい」
  見つめてくる丸山隆平





コレはめっちゃいますキミくん、すばるさん、たっちょん、丸ちゃんですね



(もし、妄想してほしいエイトメンバーいたら言ってくださいやりますので………………今はすばるさんでしますね)




〜妄想スイッチON〜

ミー「……そろそろ帰らなきゃね」

すばる「……………」

ミー「……帰…る」

すばる「まだ離れたない。これから俺ん家に行かへんか?」

ミー「」

すばる「……別に無理せんとエエで」

ミー「無理とかじゃないし…行きたい…」

すばる「じゃあ、俺んち行こう」


ー数分後ー

すばる「上がって」

ミー「おじゃましま〜す」

すばる「」

ミー「何その怪しい顔」

すばる「しゃぁ〜ないやん」

ミー「すばる…の部屋って意外に片付いてるんだね…」

すばる「汚いのいややもん」

ミー「」

すばる「何?」

ミー「私ダメかも……」

すばる「何でや?」

ミー「掃除とか得意じゃないし…」

すばる「………そんなん最初から分かったわ」

ミー「なら……」

すばる「せやからエエねんやんかミーが出来へん分俺できるし」

ミー「めっちゃ嬉しい」

すばる「とりあえず…ちゃんと今から花嫁修業してぇ〜や」

ミー「頑張ります」

〜妄想スイッチOFF〜




〜妄想スイッチON『章大』〜

…リクエストありがとうございます。ちぃさん……

ミー「…もう、帰らなきゃね………」

章大「……ぅ」

ミー「…章?……」

章大「あんまかわええ顔せんといてぇや。歯止め効かんくなるやろ」

ミー「えっ」

章大「……っっぁあぁは…キスしちゃったぁ(ニコ)」

ミー「」

章大「何なぁ〜」

ミー「…だって…ショウ…いつもと違うんだもん」

章大「違うやろだって帰したないし…めっちゃ好きやからしゃ〜ないやん」

ミー「えっ」

章大「いやや?」

ミー「…っ違うけど…」

章大「好きやでせやから……」

ミー「しょうた……」

章大「ウチおいで」

ミー「……行く」

章大「」

ミー「ねぇ〜章ちゃん……全部染めてくれる?」

章大「当たり前やんけ…俺色にいてほしいもん」

ミー「///////////////」

章大「帰えんで」

ミー「ぅん」


〜妄想スイッチOFF〜


なんか、少しエロめな章ちゃんをイメージしたんですけど…すみません


〜妄想スイッチON『忠義』〜

…リクエストありがとうございます!ぽんさん


ミー「もう、そろそろ…」

忠義「」

ミー「帰らなきゃね」


ギュ〜〜


忠義「帰したないなぁ。ミーはどうしたいん?僕は2人きりになりたい」

ミー「えっだって今日ずうっと二人だったじゃん」

忠義「そうやでも、今日人ぎょうさんおるとこに行ってたやん?せやからちゃんと二人だけってなってないし…」

ミー「……そうだね」

忠義「せやから俺ん家こうへん?ミーはどうしたい?」

ミー「二人だけになりたい」

ギュ〜〜

ミー「イッタイ」

忠義「めっちゃ嬉しいまだ、一緒におれるのが嬉しい」

ミー「珍しく饒舌だね」

忠義「せやな家で何しようっかなぁ〜(ニヤニヤ)」

ミー「とりあえず…抱きしめるのは…人通るし」

忠義「あ、ゴメン」

ミー「じゃぁ、帰ろうっか」

忠義「ぅん……あ言い忘れた」

ミー「?」

忠義(耳元で)「いっぱい声きかせてな(笑)」

ミー「////////////////////」

忠義「俺めっちゃエロイで」



〜妄想スイッチOFF〜


どうでした?なんか、リクエストって恥ずかしいですね



〜妄想スイッチON『信五』〜

…リクエストありがとうございます…ゆきさん

信五「…なぁ」

ミー「ん?」

信五「明日って休みやんなぁ?・・・遅なってもええよな?」

ギュ

ミー「私は休みだけど…信五は…明日早いんじゃなかった?」

信五「…早いけど俺の事はええねん」

ミー「でも、最近…忙しそうだし」

信五「かまへんよ気にすんな」


頭ナデナデ

ミー「////////////」

信五「もうちょい一緒におろうや…」

ミー「ぅん」

信五「う〜〜やっぱあかん」

ミー「何が」

信五「連れて帰りたなるわあかん?」

ミー「連れて帰って」

信五「まぁ〜断られても連れて帰るって決めてたけどな」

ミー「なら聞くな」

信五「ミーの口から言わせたかってん」

ミー「ドSめ」

信五「こんなんまだまだやで覚悟してや」

ミー「」


〜妄想スイッチOFF〜


こんなんでよかったですか?期待に添えなかったらすいません。



〜妄想スイッチON『裕』〜

…リクエストありがとうございます…じゅりさん



ミー「キミぃ今日めっちゃ楽しかったね」

裕「ほんまや〜ミー俺よりはしゃいでんねんもん」

ミー「無理やりジェットコースター乗せられてからテンションが壊れたんだもんキミくんのせいだよ」

裕「あったり前やろ遊園地って言ったらジェットコースターや」

ミー「あ〜終電ヤバイかも…」

ギュ〜

ミー「…えっ」

裕「まだええやろ・・・?離れるん嫌やねん・・・」

ミー「…………」

裕「/////////////」

ミー「…あっ、終電行っちゃった」

裕「…俺ん家来いよ」

ミー「…私だって離れるのイヤだよ」

ギュウ〜〜〜

裕「このままでもうちょいエエ?」

ミー「ダメだよ人がきたらマズイでしょ」

裕「分からへんよ。。。バレてもエエし俺かて人並みに外とかでイチャついてみたい日かてあるねんから」

ミー「照れ屋さんなくせに…前からギュっとして」

裕「/////////////」

ミー 「照れてやんの」

裕「…………」

ミー「怒った?」

前からギュ〜〜

裕「ミーが喜ぶならいくらでもしたるわ」

ミー「///////////////」

裕「////アホやな…自分から言っておいてテレんなや/////」

ミー「照れてるんじゃなくて、嬉しいの」

裕「……そんなに喜んでくれたら…あかん、はよ帰ろう」

ミー「うんいっぱい抱きしめてね」

裕「/////もう〜なんやねん////////」



〜妄想スイッチOFF〜

いかがですか?なんか、期待に添えてなかったらすいません







0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ