NEOin尻別川  カヤック

メンバー:ケンジ・シホちゃん・コズちゃん・マキちゃん・ランボー・オレ

友人のやっているNEO http://www.nishiki-neo.com/ のプライベートツアーに同行。
クリックすると元のサイズで表示します

行ったのは春コースで、だいぶ水は減ってきたが、まだまだ楽しい。
ラフト&タンデムダッキーを乗り換えながら、途中川原でのランチもありののんびりツーリング。
クリックすると元のサイズで表示します
この時期は、のんびりと楽しむに限る。
癒しのツアーでした。

彼の会社は、山口県で唯一のラフトカンパニーで、下っているのは錦川。
錦帯橋で有名なとっても綺麗なところです。

錦川を下るようになって、気付いたのが尻別川の水質の悪さだそうだ。
そこから、環境保護について興味を持つようになり、現在は錦川に建設中の平瀬ダム工事中止の署名活動を行なっている。

彼は言う。
「私達、自然の恩恵を受けて、収入を得ている者は、無駄な公共事業を食い止め、次代のために、環境を保護していく責任がある。一人一人の意見が集まれば大きな力になる。」

私は、環境保護をはじめ、今の国のやり方に諦めていましたが、彼と話して気付いているのに、何もしないのが最悪だと反省しました。

ニセコの自然について、もう一度勉強し、見つめ直していかなくてはと強く感じました。





2006/6/26  10:28

投稿者:kei

環境保護とか自然保護を唱える人のイメージというと、目標、思想は素晴らしくても、みんなが賛同する意見なだけに、結果、偏ってて過激、環を作って維持する結果に向かわない意見や行動が多く目立ち、最後はなんか拒否反応がでてしまいます。聞いた話ですが、昔そういうの、まじめに考えてた人たちが一線から身を引き、口を閉ざしていくという「流れ」があると思います。アラスカに行って感じたことは2つ、大自然を前にとことん人間のちっぽけさを感じ、自然に神の存在みたいなものを感じたことと、でも一匹一匹の魚の数まで実は完全に固体管理が人為的に完成してること、でマトリックスの映画に似た感情です。
これはなかなか難しいことです。。。

2006/6/25  23:12

投稿者:kanomor

ニセコはもちろん北海道は観光で食べて行かなくてはならないので、もっと行政と連携を取って、環境を保全する事は行政にもメリットがあると訴えて行けば変わるかも?
美しい本当の自然に心打たれる。
そんなニセコになると良いな!

2006/6/24  18:18

投稿者:二セコ親父

その通りだね。尻別川は、好きだけど、釧路川源流部で味わった透き通った川での川くだりとまでいかないよね。大好きな二セコ、何か出来るはず。その山口の人の使命感えらいな。こちらも見習います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ