2009/12/30

2009年も  楽器 (Instruments)

残すところ2日。

色々あった1年でした。

今年は海外に加え、国内を飛び廻ることも多く、ライブやセッションの予定もなかなか立て難かった年でした。そもそも自分の時間がなかった。

すごく落ち込んだ辛い時期もあったけど、色んな人のサポートのお陰でなんとか立ち直った。癒してくれた大塚さんにSpecial Thanks。

来年はこれまでの忙しい状況は少し落ち着くと思うし、俺が好きなこの音楽を突き詰めたい。そのために今から色々考えています。そろそろ世界中のアイリッシュ関係者が盛り上がる3月の予定も出始めているし、元気出して頑張っていこうと思っています。

さてまたしても

楽器ネタ。

ブズーキ系の楽器の買い付けがひと段落付いて、しばらくは弦楽器を買うつもりはなかってん。でも最近Leprechaunのライブでマンドリンを使う機会が増えてきて、Vintage Gibsonより気軽にステージで使えるのが欲しかった。

俺はMartin BackpackerやFlatironも持っていて、これらは比較的最近の楽器やけど、Martin Backpackerはライブで使うには物足りないし、Flatironは見た目も可愛くて大事にしてる。なので値段も手頃で、ピックアップを付けてガンガン使える楽器としてTacomaのマンドリンを狙ってた。そして最近某楽器ショップのセールで格安で出ているのを発見→当然お買い上げ。
クリックすると元のサイズで表示します



そして…。


さらに1本買ってしまった!!

こちらはMartinの1920年代に作られたVintageでオール・コアの綺麗な楽器。コンディションも良好。音も良いです。
クリックすると元のサイズで表示します


Tacomaは音色が固めで、生音はMartinとかの方が俺好み。でもライブ仕様にするんやから問題ないと思ったんやけど、ピックアップのジャックを止める金具が短すぎて、このままではボディーに取り付けられないことが判明…。
クリックすると元のサイズで表示します


今ピックアップ・メーカーに金具の改造についてやり取りしています。

クリックすると元のサイズで表示します


相変わらずですよね。スミマセン。

皆様今年1年ありがとうございました。

来年は良い年にしたい。

そのために頑張ります。
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ