2005/1/30


1月28日。

俺はその日のライブにも行くつもりでおったけど、結局仕事で遅くなってしまって、ライブ会場に着いたのは丁度半分が終わって休憩に入った頃。けっこう満員やったなー。俺の友達もたくさん声を掛けてくれたりして。

休憩が終わって後半が始まると、俺の目はやはりニッケルハルパにクギ付け。なんかデカイ虫みたいな楽器や。ギタリストもヴィオラ弾きも変態的なリズムやカウンター・メロディーを奏でてるのに不思議な一体感がある。スゲーなー!!

俺的に感動したのはVilse i Betlandet。彼らのTrioという作品の1曲目。俺のVasenのMDの1曲目になってたというのもあって、一番良く聴いてたというのもあるけど、曲紹介でSugar Beet Fieldの曲だというのを聞いて、途端に情景が頭に浮かんだ気がした。

そしてアンコール。前奏のギター・コードのカッティングが鳴ったときにすぐに分かったJosefin's Waltz。Swedenの国歌は知らんけど、この曲は知ってる。Vasenとしてはシンプルな構成の名曲。危うく涙が出そうになったよ。

打上げ。

例のVasenクラブの連中にゆか、シマッチ、上京してた功刀さんを加えたメンツで参加。さわださんやゆかママも来て、アイリッシュ・チューンなんかをやりながらVasenのメンバーを待ってると、来たー!!

俺は彼らに悪態をつきながら(もちろんジョークやけど)、セッションに参加するようにせがんだ。なんせVasenクラブの連中も来てるんやし、これで一緒にやってもらえんかったらそんなサミシイことはないやん?

それでも彼らが席についてスタッフやファンたちと談笑してる間に、俺らが事前に打ち合わせてた彼らのレパートリー2セットもやってしまって(俺は練習不足でヘロヘロやった。スマン…。)ネタが尽きたなーと思ってると、彼らが楽器を出した!!後はもうただ音楽が溢れ出てた。

クリックすると元のサイズで表示しますVasenクラブの連中はさすが、ほとんどの曲について行ってたよ。俺はといえば正直それほどVasenのファンではなかったので、彼らの音楽をコピーしてたわけではなかったし、本モノのVasenのギタリストが弾いてるところで何ができるというねん?ほとんどの間、俺はみんなの幸せそうな姿をただデジカメで撮影してた。俺はそれですごく満足やったし、幸せやった。

セッションの後はVasenメンバーと色々語り合うことができてもうお友達。俺はAltanやDervish、Lunasaなどの来日ミュージシャンと会っても、一緒に写真を撮るようにせがんだりすることってほとんどないんやけど、今回は珍しくそういう気になったよ。

次は火曜日、Chris&Catrionaやなー。楽しみー!!

0



2005/2/10  0:21

投稿者:ふかえ

俺がおるやないか…。

2005/2/6  1:38

投稿者:菜っちゃん

3人が帰っちゃったので、私の2005年は
ひっそり幕を閉じました。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ