日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
秦野の里アルバム | 銀塩写真館 | 身近な風景アルバム | 秦野の里から | ふるどん。壁紙写真

小学生の頃住んでいた街

2007/3/14 | 投稿者: furudon

今日は東急東横線の大倉山駅まで出かけて友人の写真展を見てきました。帰りに小学生の頃に住んでいた、懐かしい街、妙蓮寺界隈を散歩してみました。通学していた小学校へ行ってみました、白もくれんが綺麗に咲いていました、道路の幅が思っていた以上に狭く、こんな感じじゃ〜無かったような・・・さらに住んでいた社宅アパートも訪ねてみました。が、すでに立て替えられていてマンションになっていました。道路や階段は昔のままでした。小銭を持って出かけた「駄菓子屋」はシャッターが下りていました。あのオバサンはどうしているかな?顔も思い出せないですが、もうかれこれ40数年たつからなぁ〜妙蓮寺といえば「菊名池」です、当時は釣りも出来ましたし、釣具店もありました、池に落ちた苦い思い出、これがトラウマになり釣りが苦手になりました。水が嫌いでいまだに泳げません・・・菊名池も見てきました、プールになっているようです、カラスが妙にうるさくたくさんいました、赤い橋が綺麗でした。母が勤めていた駅前通りにあった会社はなくなっていました、カエルやトンボを捕まえることができた小さな池もなくなっていました。日々日常住んでいる人は気が付かないと思いますがタイムトンネルを貫けて訪れた街には「浦島太郎」の心境が解ったような気分でした
ながなが書いたけど、ここまで読んで頂きありがとうございます。
で、写真は、とある街のとある風景
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ