2018/11/17

陸自砲弾で車が破損ー国・防衛省に抗議を   

 昨日、三日月知事宛で「陸上自衛隊の演習場による通行車の被弾事件について」て申し入れました。

クリックすると元のサイズで表示します

 11月14日午後1時20分頃、陸上自衛隊饗庭野演習場で、訓練中の陸上自衛隊部隊が発射した迫撃砲弾が場外に着弾し、破片で民間車両が損傷するという重大な事件が発生した。同車には、同市の男性が乗っており、一歩間違えば人命にかかわる重大な問題であり、断固抗議するものである。
 
 2015年7月にも饗庭野演習場では実弾射撃中に12.7ミリ重機関銃が近くの民家を直撃し、2階の瓦屋根と天井を貫通し、破損するという事故を起こしており、饗庭野演習場における実弾訓練の危険性を示した。

 2015年8月27日に高島市と今津駐屯地では、「周辺住民の安全を確保するために・・安全管理に万全の措置を講じる」とし「覚書」を結んでいる。覚書では「速やかに通報する」としながら、今津駐屯地から、高島市に連絡があったのは、午後4時50分で、事件が発生してから3時間余りが経過している。

 また新聞報道によれば、迫撃砲の訓練では、照準を調整するために最初に6発を試射し、民間車両を破損させたのは3発目としている。煙の位置や飛翔音から着弾域が目標の北側にそれているのが分かっていながら、訓練を続行されたことは、住民の命をないがしろにするものであり、地域住民からは強い怒りの声が上がっている。

よって、以下の点で、県民の命と安全を守るため、政府・防衛省に対して以下の点を強く求められるよう求めるものである。

1 県民の命を脅かす重大な事件であり、つよく抗議されたい
2 事件の全容を市民に明らかにすることを求められたい。
3 高島市の資料では14日午後2時45分に演習中止要請をされているが、何時に中止されたの  か。「覚書」は履行されたのか明らかにするよう求められたい。
4 迫撃砲弾だけでなく、すべての実弾演習の中止を求められたい。
5 なぜ通報が遅れ、事件後も発射訓練を続けたのか、明確な回答を求められたい。
6 迫撃砲をつかって何を目的とする訓練をしていたのか。またその目的は在日米軍との連携を想定したものか、明らかにするよう求められたい。
7 饗庭野演習場で来年1月から3月に実施されようとしている日米合同演習の中止を求められたい。MV22オスプレイの飛来に反対されたい。
                                    以上
0

2018/11/5

500億円の巨額の国体費用は半分に  

 自民党三日月県政は、500億円を超える国体に名を借りた大型建設事業を推進。一方で、子ども食堂の補助金廃止など県民にかかわる予算をばっさりと削ろうとしています。

 国体費用を半分にし、暮らしを守る署名にぜひご協力ください。夕方石山駅頭で署名宣伝行動をおこないました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/10/20

市民と政治をつなぐ@大津・高島の会 結成1周年  

 今日おこなわれた「市民と政治をつなぐ@大津・高島の会」(略称一区つなぐ会)結成1周年記念集会に、来賓として参加しました。

 日本共産党、社民党、立憲民主党、国民民主党、野党4党からそれぞれあいさつをしました。
 
 来年の夏の参議院選挙で、自公とその補完勢力を少数に追い込むため、市民と野党の共闘の前進がカギです。

 自民党に対して、対決軸を鮮明にし、団結し、本気の野党共闘こそが力を発揮します。

 クリックすると元のサイズで表示します
2

2018/10/14

滋賀赤旗まつり ー 統一地方選挙、参議院選挙勝利へ  

 秋晴れのもと、膳所公園で滋賀赤旗祭りを開催。ご参加していただきましたみなさん、ありがとうございました。

 祭りでは、佐藤こうへい参議院選挙区候補、黄野瀬あきこ県議候補、杉本としたか・藤井みえこ県議とともに、選挙勝利への決意を述べました。

 宮本たけし衆議院議員が記念講演。たくさんの後援会のお店。サンマの塩焼き、おいしかったあ。カレーも、焼きそばもいただきました。

 フィナーレは「近江笑人」のみなさんの踊り。会場と舞台、いっしょになって踊りました。

さあ。来年おこなわれる統一地方選挙、参議院選挙勝利めざし、ダッシュ!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3

2018/10/12

請願2件の賛成討論をおこないました。  

クリックすると元のサイズで表示します

 本日9月県議会閉会日。私は2件の請願の賛同を訴え、討論をおこないました。請願第8号は、共産党が紹介議員になり、チームしがも賛成。請願第9号も共産党が紹介議員になり、賛同を求めましたが、共産党以外の会派が反対。
 市民のみなさんが見守る中で、2件とも不採択になりました。
 
討論
 私は、日本共産党県議会議員団を代表いたしまして、請願第8号沖縄県民の民意と地方自治を尊重し、国が沖縄県に対して名護市辺野古の米軍新基地建設の工事にかかる損害賠償請求をしないことを求める意見書を提出することについて、

 請願第9号日米地位協定を抜本的に見直し、航空法や環境法令などの国内法を米軍にも適用させること等を求める意見書の提出について、不採択とした委員長報告に反対し、2件の請願の採択を求めて討論します。


 9月30日の沖縄県知事選で40万票に迫る史上最多得票で玉城デニー新知事が誕生しました。玉城新知事は就任記者会見で「翁長雄志(たけし)前知事の遺志を引き継ぎ、今こそ県民が心を一つに誇りある豊かな沖縄を実現していく必要がある。普天間飛行場(基地)の閉鎖・返還、辺野古新基地建設の阻止に向けて全身全霊で取り組んでまいりたい」と述べました。今回の知事選挙の勝利は、このように沖縄県民の確固たる意思を示したと同時に、首相官邸が主導し、国家権力を総動員して沖縄県民の民意をおしつぶそうとした安倍政権に対する痛烈な審判ともなりました。安倍政権は、沖縄に対する強権政治をきっぱりやめるべきであります。ところが、選挙結果を受けてもなお、安倍政権の新基地建設推進の立場に「変わりはない」(すが官房長官談話)としていることは言語道断です。


 沖縄県が8月末に辺野古埋め立ての承認を撤回したことに政府は、法的対抗措置をとろうとしていますが、埋め立て予定海域に軟弱地盤や活断層の存在が判明し、そもそも建設は困難という問題も浮上しています。沖縄県が行った埋め立て承認の撤回は、公有水面埋立法の正当な手続きによる県の公益に基づいた判断であります。政府は損害賠償請求を検討していますが、こんなことがまかり通れば、もはや民主主義国家、法治国家ではないといわなければなりません。本請願は新基地建設の是非を問うものではありません。沖縄県のみにとどまらない地方自治の根幹にかかわるものであります。県議会として請願第8号沖縄県民の民意と地方自治を尊重し、国が沖縄県に対して名護市辺野古の米軍新基地建設の工事にかかる損害賠償請求をしないことを求める意見書を提出することを求める請願を採択されるよう強く求めるものです。


 7月、在日米軍に治外法権的な特権を認める日米地位協定について、全国知事会が日米両政府に抜本的な見直しを提言しました。米軍基地のない府県を含む47知事の「総意」は極めて重く、日本政府は正面から受け止め、米国政府に対し、必要な改定を直ちに求めるべきです。
 沖縄知事選挙では玉城氏はもちろん、佐喜真淳(あつし)候補も同協定改定を明確に公約に掲げていました。安倍官邸が全力で支援していたのですから、安倍政権には地位協定改定に全力をあげる責任があります。
 
 10月10日、北海道議会では、日米地位協定のあるべき姿への見直しを求める意見書が全会一致で可決されています。 

 滋賀県では請願にありますように、2013年9月16日に、陸上自衛隊饗庭野演習場で米海兵隊の垂直離着陸機MVオスプレイを使った国内初の日米共同訓練が行われ、県や高島市の要請を無視して、市役所や駅の上空を飛行しました。来年1月から3月には、オスプレイをつかった日米共同訓練が実施されようとしています。県民の安心安全を確保するためにも、滋賀県議会として請願第9号日米地位協定を抜本的に見直す意見書をあげるよう求める請願の賛同をつよく求め討論を終わります。

 
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ