2018/9/24

日本共産党前衆議院議員の清水ただしさんと「日本の政治と未来を語るつどい 」  

 昨日おこなわれた「日本共産党前衆議院議員の清水ただしさんと日本の政治と未来を語るつどい 」に多くのみなさん、ご参加していただきありがとうございました。

 本気の野党共闘で来年夏の参議院選挙で、自公とその補完勢力を少数に追い込む。安倍政権が狙う憲法9条の改悪を阻止する、その展望を清水前衆議院議員がわかりやすく語りました。

 私はこの10月からの生活保護の削減、マンモス化する養護学校の問題について話しました。
県立プールをつぶして、違う場所に100億円も市立プールをつくり、県が3分の2補助する。県立体育館があるのに、わざわざ費用がかかる谷底土地にこれまた112億円をこえて建設運営を民間にまかせる。

 国体の名を借りた大型施設整備を推進する県政。総額で511億円。コンパクトな国体に。地方自治体の役割は住民福祉の向上。30億円あれば、養護学校は1校つくれるんです。

 来年4月の県議選で、ぜひとも日本共産党をのばしていただきたい。日本共産党にぜひ入っていただきともにがんばりましょう。

 大津選挙区では私と黄野瀬あき子、2議席の実現にお力をお貸しください。よろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ