Garden & Music

お洒落な庭と粋な音楽。みんなで楽しみましょう!!。

 
このサイトでは私の庭の様子や趣味の音楽活動などを綴ってまいります。                                                         。。。。。。。。。。。。。。。。。

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:shin
古今の名器TRIOのKT7000(チューナー)、不要になっても捨てられなかった記念の品でしたが数カ月前にゴミに出しました。

ケンウッドに仕事で行ったときにその当時の話に花が咲きました。
いい時代だったなあ〜〜!!(シミジミ)
投稿者:べ♪
パイオニアだけじゃなく、TRIO、KENWOOD、ONKYO、NAKAMICHI、DENON等々、中堅のメーカーひしめいてましたね。
投稿者:shin
パイオニアはまさにPioneerでした。オーディオ製品からレザーディスクやプロジェクションTVをいち早く出して世の中リードしてました。
あの当時の40インチプロジェクションはすごい臨場感でした!!
そのパイオニアの製品は今やプレーヤーのみ。
寂しい限りです。
投稿者:べ♪

あえま!かわいらしい恐竜君ですね。親御さんが汚れを気にしてハラハラしている風景が目に浮かびます(笑)
レーザーディスク!懐かしい!
当時はVHSでどんなに頑張っても、あの引き締まった画面は再現できませんでしたが、
今見たらぼやけて見えますか。
考えたら、あの頃から音質も画質も格段に良くなってきましたね。
あの手ものは一度クリアな質感を経験すると元に戻れないですよね。(地デジしかりカラーのPC液晶しかり)
でも、うちの低価格ステレオ(そもそも、この言い方が古い)では何故か、CDよりアナログ盤のほうが圧倒的にいい音がします。
CDは正確に再現してますが音が細すぎて臨場感が乏しい気がします。
shinさんちのハイエンド機種ではそうではないでしょうが(笑)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ