TAKAKOと言います。 昭和ド真ん中生まれ。 アナログな時代からデジタル時代にあっという間に移行してしまいましたね。 そんな時代の諸々綴っていきます。
  | 投稿者: takako

こんにちわ。
ヨガインストラクターや英国式リフレクソロジーサロンを教えています。
昭和生まれでアラ還。

昭和っていいな〜〜。なんて思うことがあるので昭和は遠くなりにけり。というタイトルにしました。

よろしくお願いします。

21
タグ: 昭和

2018/10/15 | 投稿者: takako

昭和から平成にわたっての常識。
筋肉痛は乳酸が溜まって引き起こす。

これが、実は違っていて・・・。
乳酸が増えると筋肉の持久力がアップするんだとか・・・。

だからスポーツ選手は練習で乳酸がたくさん出るくらいのパフォーマンスをするらしいです。

時代は変わりましたね。

でもきっと、まだまだ乳酸は悪者って思っている人がたくさんいると思います。


教えてあげてね(笑)
0

2014/1/22 | 投稿者: takako

クリスチャン生活をしていると「許し」ということを良く言われる。




いやいや・・・スピ漂流時代にも「許す」ということは出て来た。




聖書的にはキリストが罪を許してくださったのだから・・・自分も人を許しなさい。と言われる。

スピだと・・・許さないと自分に跳ね返ってくる!みたいな感じかな。




教会だと許しの宣言を時々させられたり、スピだと流派によっては「解放のプログラム」みたいなものがあるみたい。




昨年ブレイクした「半沢直樹」

「やられたらやり返す!倍返しだ!」は流行語にも。




正直・・・私は心で許すと決めたこともあるし、不当なことでも黙認したことも多々あったけど、やられたら後からやり返す、というか言われたらなんらかのルートで言い返す。取られたら取り返す。ということも何度もやってきている。

このやりかたは間違ってはいないと思う。




以前とある人から聞いた話。

キリストは十字架で自分を処刑した人々を許した。と教えられているけど、キリストは「父よ彼らをお許しください。」と言ってるけど「父よ彼らを許します。」とはおっしゃってない。ということ。

厳密には聖書の原典を翻訳無しでよまなければニュアンスは分からないのだけど・・・。なあるほどな。とは妙に納得した。




言葉の綾になるかもしれないが、人である自分がキリストを越えて「彼らを許します」と宣言する必要があるのか?!と思うことがある。




宣言してしまえば、後から事実がついてくる。とも言うけど・・・。

そういう内面の感情に絡む問題に関しては、言葉だけが上滑りをして内面がついて行かないように感じられる。




それは一種のコントロールで、うまくいくとは限らない。

私も昨年、とある問題の雪解けを待ち切れず事を早く起こそうとある人に「許します」宣言をした。その時は信仰的な気持ちが満たされたが・・・べつに期待したことは、早まって起こることはなかった。

後日、神のなさることをコントロールしようとした自分の浅ましさを感じた。神の与えた時、その時には自然と許せたり問題が解決するのかもしれない。




許せない思いに蓋をして、無理に宣言して自分の感情をコントロールしようとしても徒労に終わる。




私の信仰している主イエスキリストは、私にそんな自己犠牲的な許しをすることを望んでいるのか・・・。

そんな方ではないと思う。




ちょっと言い方が悪いけど。

なんでも許してしまう気持ちの悪い人になりかかった自分がなんだか滑稽に感じられた。




許しは大切です。

でも雪どけは春が来ないと起こらないように、それも場合によっては時間がかかったり時を待つことが必要なこともある。そう思います。




美と健康のサロン「彩色健美」

http://www6.ocn.ne.jp/~giving-h/
1

2014/1/19 | 投稿者: takako

人間て、不思議なもので今は満たされている状態でも将来を心配したりする。




動物や植物はそんなことしないんだろうな。




頭がいいからその分!先に備えようとする。

備えあれば憂いなし。なんて言葉もある。




危機的状況に備えることはもちろん大切だと思う。

攻撃されないよう防衛する。




将来困らないよう貯金に励む。




そんなのは現実的観点からの備えなんだけど・・・。




時に妄想のような不安から心が乱されることがある。

地震の予想も必要だと思うが・・・南海トラフがあったら首都がこのように壊滅していくというCGはやり過ぎだ。

その通りになる保障はどこにもない。

下手に不安や不幸のイメージを人々の脳裏に焼き付けるだけで、なんのメリットもない。




不安ゲーム。暇つぶしのようなもの。

不安は闇から使わされる使者のようなものだ。




人の心にすっ!と入り込む。

入り込む側にも隙間があるのだ。

何か辛いことや悲しいことを想定した時。それを思った時。




そんな時に!その「不安に対して開かれた扉」からすっ!と入り込んでくる。

これをクリスチャンはサタンというのかもしれない。




ディズニーランドのお化け屋敷は「ホーンテッドマンション」。これは結構楽しいし好きだけど。幽霊たちが宴会をしている不気味なパーティー会場があるんですよね。




あれを思い出した。

つまり不安をネタにして大宴会が始まる。

不安を抱いた人は友人に打ち明ける。SNSにぶちまける。

そうすると、身に覚えのある人が(覚えのない人の方が少ないかも)それに絡んでくる。慰めたり共感したり励ましたり。




不安をテーマにワルツが始まる。

みんな踊る。

まあ・・・シュミレーションだからいいけどね。




時に不安を持ちすぎてそれを引き寄せたり、現実生活がままならなくなる場合もある。あるいは目の前の現実はそれほど不幸でもないのに、心が重たくて不幸な気持ちに苛まれて過ごす。




これは実は私も何度も経験してきたことだし・・・周りでもよく見て来たこと。




スピリチュアルにハマっていた時には、特殊な経験もした。

当時の師匠にあたる人がクライアントから被ったであろう不安のエネルギー。処理しきれないものが自分の所に飛んできたことがあった。




夜!ちょっとでも悲しいことを考えた時、それは心に忍び込む。

そして、明らかに自分のものでない恐怖と不安に恐れおののく。

まあ・・・これは私の霊的トレーニングだったと思う。




異言という特殊な祈りで30分ほど。

恐怖に負けないようにひたすら祈り続けた。

そして!気が付いたらいなくなっていた。




もうあんなの嫌だし・・・。

わけのわからないスピリチュアルとかその周辺からは足を洗いました。




イベントでスピのセッションを受けにくる人の中には遊び感覚の人もいる。

真剣に悩んでいる人もいるけど。

シリアスな悩みなんてそんなに年中あるわけではない。




不安やまだ起きていない将来の不安をネタに無用な宴会を開かないよう、気をつけなければならない。




心理なんかでも「今ここに」という言葉を聞く。

それこそが真実なんだろうと思う。




「明日を思い煩ってはならない。」というのがシンプルな真実だと思う。




美と健康のサロン「彩色健美」

http://www6.ocn.ne.jp/~giving-h/
0

2013/9/4 | 投稿者: takako

子供のころごっこ遊びをしたの。

「うそっこに、私がお母さんでかくかくしかじかね。」みたいに、うそっこの状況を色々想定します。

このうそっこって楽しいんですよね。

イマジネーションはどんどん膨らむ。

ウソっこの世界。

大人になると、

親の介護が気になる年齢、学生時代の友人と集まるとその話題が多い。

リアルに大変な友人もいます。

友人のなかにはわたしに「ツル(私のニックネーム)はもし、お姑さんが倒れたらどうするの?」みたいな質問してきます。


そんな時私は・・・

心のなかでど〜せうそっこにゴッコするなら「楽しいウソっこがいいぜ〜〜!!!」と思いながら。


「大変な思いをする人もいるし、そういう人も見ているわよ。でも、そういうものをタイミングよく逃している人もいるでしょ。だから、私はそういう目に会わないと思ってるんだ。最悪の事態を想定してたってしかたないし。その時考えるの。いい加減な人と思われてもね。」
ってお返事します。


先日、時々お世話になる整骨院の院長と施術してもらいながらお話しました。
彼と話してるとなんだか色々できる気分になってくる(笑)。

サラリーマン時代は同僚と愚痴を言い合っていたという院長。
でもある時、ものすごく成功している人と話したら、話の内容が違った。

大風呂敷。語ることがすごい。んだそうです。

大物目指してもどこまで辿りつけるかはわからぬ凡人の私などは、毎日自分に大風呂敷広げていないと、全然ぱっとしない人生になっちゃうよね。


だから!「もしも・・・」のお話は楽しく元気と勢いのある内容にしたい。
例え、妄想だとか夢物語と笑われても・・・。


そう思いませんか?

(株)N.C.クリエイションの主宰する  美と健康のサロン「彩色健美」
http://www6.ocn.ne.jp/~giving-h/
0

2013/9/3 | 投稿者: takako

自宅サロンを営んでいたり、たまにイベントに出たり、リフレクソロジーの講師をしていたり。

この仕事は、人待ちだったり人呼びだったり、ある意味人気商売だと思うのです。

なので、行列のできる!その行動心理とか知りたいな!と思いました。

と思いながら別に調べてないんですけど(笑)。

でも、最寄駅の改札でふと思うこと。一番左の改札は行列を作って出札を待つ人がいつもいます。
しかしながら・・・右側にも2個以上出札できる改札があり、こちらはスイスイなんです。

右から行った方が絶対に早い。
ホームは左よりなので、電車降りて上がってくるお客さんは左改札が距離的には近いです。でもちょっと右にずれれば・・・。

これは私の勝手なる推察だけど・・・。
行列があると並ばなきゃなあ。みたいな無意識の行動に駆り立てられる心理の表れ?!

以前はよくイベントに出ていました。
お客さんが沢山来てくれると嬉しいし華やぐ。

行列が欲しいところです。でも・・・行列して待っていただくと申し訳ない気持ちになってきてしまう自分。
修行がたらん!(笑)。お待ちいただいても価値あるサービスを提供できるという自信が必要。(これは独り言だな 笑)

閉店セールとか、NO.1です。っていうフレーズにも弱いらしい。
吸い寄せられるってわけです。

ちょっとした行動心理を探っていくと面白いかもですね。

ちなみにブログも、アクセス増えるタイトルってあるらしい。。。

美と健康のサロン彩色健美
http://www6.ocn.ne.jp/~giving-h/
0

2013/9/3 | 投稿者: takako

すごい久しぶりの投稿です。
アメブロを使い始めてそちらのアクセスが多いのでこちらはサボっていたのですが・・・まんま張り付けることに・・・。


ことばはクリエイティブだと思うことがあります。


昔両親の運営するキリスト教会でお世話になったご婦人Aさん。
とてもつつましやかな方でした。


何年か前に再会してお話しました。彼女が昔!私が子供のころに発した言葉!これは私に影響を与えました。

本ばかり読んで現実逃避していた子供のころの私。
そんな私のことを母は愚痴ったのですが・・・。

Aさんは「今本を読んでいることが、きっと将来役にたつわよ。」というような事を言われました。


確かに!目は悪くなったけど・・・。
・・・自分で言うのもはばかられますが、文章表現は我ながらうまい!(笑)。

A婦人は何気なく言ったのでしょう。
彼女はあまり人を否定する言葉を言わない人でした。

でも・・・残念ながら・・・。
あまりにつつましすぎる。

彼女は結婚相手についてこういう人!と言ってた通りの人と出会って結婚されたそう。

そのお相手は今は亡くなりましたが、結核で片足切断された方。
失礼ながら・・・その他の面でも尊敬に値する人ではなかった。

でもA婦人は満足していた。
彼女の望むものはつつましかったのです。

私は彼女ほどの洞察力と忍耐をもっている女性ならもっと自分を生かす相手と豊かな生活を送れたのでは・・・?!と思ってしまう。

ゆえに!日々宣言することばは大切です。
自分の器以上だと思われることでも大胆に望むことも大切です。


望む状況についてそうなったと宣言する方法を使っている人は多くいるようです。


私はクリスチャンなので祈りの中で宣言するようにしています。

これは自分自身に信じ込ませるために、すごく大切な方法です。

やさぐれたくなる時!
なんだよ〜〜〜!!全然じゃん!という時!

自己憐憫を抜け出して。
これって戦い?????快感?!


美と健康のサロン彩色健美
http://www6.ocn.ne.jp/~giving-h/
0




AutoPage最新お知らせ