一筋の光は…  

 差別は私の中にある。

 閉ざされた空間へ差し込む一筋の光。

 
 僕はきっとそれを捉えるだろう。

 それが閉ざされたとしても、僕はその光を忘れない。
 
 いつか自分が光りだす。
 
 それは熱くて、不快で、逃げ出してしまいたいものかもしれない。

 
 だけど僕は逃げない。

 僕にはそれができると信じている。



0



2006/10/2  16:47

投稿者:eriko

わぉ! 時間差でコメントを書いていただいたようです。
ありがとうございます。

まえむきに。まえむきに。ずんずんずん!

2006/10/2  16:41

投稿者:カンガルーマン

常に何かを考えている。前向きに考え続けていれば必ず光は見えてくるでしょう。

http://blog.kangarooman.com

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ