道 〜まぁーいーか編〜  日記

昨日は(も?笑)めちゃくちゃな一日でした。


朝、突然全校集会を行うことになり、プレゼントを包む時間がなくなりました。
 
ぐはっ!!
 
結局プレゼントをあげる相手にラッピングを手伝ってもらうことに。
テストを返して、紙芝居という予定だったのに突然生徒が


9E 「Teacher!! パーティーがしたい!!!!」

 来たいな。

わし 「どうやってすんじゃい?」
9E  「うーーーーーーーん…」

ってときに
コンコン。


ガチャ☆ 「誰じゃい?」

9G・Hilson 「eriko、僕たち午後からパーティーをするからerikoのクラスをexcuseさせて欲しいんだけど…」

わし 「そうきたかぃ。」(心の叫び)
彼らは、「パーティーがあるから授業にはでないけれど、欠席にはしないで欲しい」と頼みに来たのです。 

わし 「唖然。」 ……。

まぁーいーや。この子達もわざわざ言い難いことを言いに来たわけだ。

わしのクラスで1時限過ごすのと、パーティーを企画し実行して楽しむこと。

俄然、後者がたいせつでしょう!

わし 「OKだ。 たのしめ!   
だけど出席はその後見人の先生にとってもらいんさいよ。」


9Eには私から提案した。
「9Gはこんな風にやるらしいで。」

「Oh, Teacher! そりゃ〜いい考えだ!!!!」

結局ちゃんと私のクラスにきたのは学級崩壊中の9F。
テストを返して、今年の成績を伝えて巨大絵本「浦島太郎」を生徒に読んでもらい終わった。

その間、学級長のFredは英語の宿題をしてた。かれは敬虔なクリスチャン。
時々夕方に彼が教会に行く時に出会う。いつもテストの隅っこに

God Bless You. なんて書いて、勇気付けてくれる、そんな子。

「子供な子」と「子供だましのきかない子」

ふふっ。
大丈夫、わたしはやれる。

まずは休息じゃー。


 今晩は副校長先生の家で同僚とX’mas Party 
 先日教えていただいた「バナナプディング」を焼いてもって行く予定!
 うまくできるかな。 はらはら。

 うまくいっていなかった同僚との人間関係も校長が変わって、私も自分の仕事に集中できるようになってきてから、少しずつ開けてきた気がする。

 私がここにいることは特別なことじゃないこと。
 同僚たちは日本のそれと同じように、高校を職場と認識して振舞っていること。
 小さな確認事項が大切なこと。
 何よりも、仲のいい人(良くしたい人)には必ず、自分から挨拶をすること。
 わきまえること。

だね。わかるってこととできるってことは違う。
恩師の言葉。

私は少しずつできるようになってきた。
 
私の大切な人
もし、もし人間関係で悩んでいたら、それは自分だけが問題なわけじゃない。
やっぱり周囲の影響もある。自分を省みてばかりの私が言うのだから間違っていないんじゃないかな。

誰しもが通る道。
私も通っている。
0



2006/12/17  21:53

投稿者:eriko

ありがとうございます。
日本は寒くなっているでしょうね。

次の冬が楽しみです。

こちらこそよろしくお願いいたします。

2006/12/17  21:45

投稿者:kitamomiji

 こんにちは。
リンクしました。
ぜひよろしくお願いします。

http://blog.goo.ne.jp/kitamomiji2005

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ