祖母のところへ  こころの花



いいお葬式でした

印象的だったのが94歳で大往生した祖父の87歳になるご友人の言葉。


バスの中で。

寂しくなるなぁ。こうやって仲のいい人はどんどん減っていく。




死を身近に感じること。きっとあのおじいさんのそれは私たちよりもずっと近い。
本来なら私はかける言葉が無い。だけれどそのお爺さんを一人きりにさせたくなくて、


そうだね。



と一言だけつぶやいて、腕を抱きしめた。
お爺さんは頼りにしていたものを見つけたみたいに泣いちゃった。



火葬場の閉じられた扉の前、祖父の頭の前で。


祖父の名前を呼び一言
「さようなら。また会いましょう!」



また会いましょう、かぁ。
そうだね。私もそう思った。



故人のために家族が揃う。
子供時代にお世話になった人たちに再会し喜びの声を上げる。

これもひとつの人の繋がりだなぁと驚いた。






おじいちゃん、またね。 どこかで会おうね。








0



2007/12/27  8:06

投稿者:eriko

おはようございます、Tombaさん♪

いつも考えてるんですか!? 
涙する死は、一人ひとりがどれだけ周りの人を大切にしたいか、もしくはできるかによって変わってくるのではないでしょうか。

私の話になりますが、
私が亡くなったときは、私はパーティーのようなお葬式で、みんなに笑って送りだしてほしいです。

2007/12/26  22:10

投稿者:Tomba

おじちゃんは良いお友達をお持ちだったんですね。

いつも考えます もしオイラが今死んだら オイラの為に涙を流してくれる人がどれくらい居るのだろうと。
逆に 涙する死がどれだけあるのだろうか? と。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ