幸福感  

久しぶりの書き込みです。チェックしてくださっていたあなた、本当にありがとうございます。

さてさて、三月二日は母の誕生日でした。
母は結婚して初めて父から花束をもらったと喜び、私にも感謝してくれました。
なぜかって? それは秘密です。
 
二人の子供を育てた母。経営者としての母。だんなを持つ母。
いつも自分のことは一番最後。それでもどこかで女として生きている母。

わがまましたい放題、言いたい放題。ぶつかることもあるけれど、大体は私が頑固なだけです。

「あなたは、好きなように生きればいいから」

とよくいいますね。ありがとう。

さて私は日々、女は男がいるから女になるのだと考えています。
そうおもうと世の中の男性はもっと気持ちをオープンにするべきですよ。
愛に自信があれば女性ははきれいになります。

出し惜しみはお互い、もったいないなぁ。

なんてわかったようなことを考えてみたのでした。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ