そんな風景  日記

海岸沿いの崩れた墓を見ている。
ここやしの根が丸出しで
何かの拍子で海(外洋)に倒れそうだ。

何かを考えなければいけないとおもう。

一人の老婆の横に座った。
しばらく彼女は海を見ていたが私が文を書きだすと興味深そうに見入っているようだ。

そしたら海から子どもがあらわれた。

ずぅーっと ずぅーっと
みていたくなる。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ