スッキリ!  こころの花


この一週間何をやっていたのかって?

月曜日、富山県富山市八尾町の地域活性化の現場を見学するため、富山に帰省しておりました。

火曜日早朝、東京に帰還。ソフトボール大会ですって。
水曜日 英語での授業で、初めての進行役 
午後からは何をやっていたのやら 
木曜日 水曜日からの流れを引っ張って朝から何もできず午後1の授業を受けて、友人の話を聞いて、なんだか心に張りが出ず早々と帰宅。

金曜朝に、予約を入れてあった歯医者さんにいって帰りに、今晩の芋煮会としょうした、飲み会の準備のため一人で買出し。
その後ゼミと調査の打ち合わせ。 打ち合わせ内容をまとめ、研究室MLに回す。
調理を始めて、夜の11時まで飲み会

いろんな人のお話が聞けて楽しかったー。

結果この1週間、自分のことはほとんどやらず、できず?人の話を聞いたり、段取りしたり、それでも最低限やるべきことは終えて今に至る。

わたし、ちゃんとやれてるのかな。

でも、なんだか今の私に疑問が浮かぶよ。

これから楽しみなこと。
クリスマスリースを作りたい。
クリスマスカードを知り合いの皆さんに送りたい。

少し落ち着いた気分で、勉強したり生活を送りたい。
食事・洗濯・家の模様替え・買い物・散歩・体力作り

どうしてこんなに忙しないのかな。

こうしてる時にも、私には何もとらわれるものは無い。
少し気になる人がいるくらい…。


そう思うと、ひとりって本当にいいな。



先日、夏休みに行った千葉の調査先でお会いした農家様からお礼状(お世話になった一人一人がお手紙を書いて、まとめて送りました)のお返しに、出荷用の里芋とにんじんがダンボールいっぱいに届きました!
中にはお手紙も入っていて、一人一人に一言ずつお言葉をいただきました。
だんな様は公務員としてお勤めで、奥様がお一人で農地2haをトラクターや様々な機械、お嬢様方の助けを借りながら、多品目生産をして、いまでは農協と農協系列の直売所2箇所に出荷されている超パワフルな女性です。

そんな女性が、私に送ってくださった言葉「○○さんは、とても印象深い女性でした。(中略)生活していく上で男は男として女にはできない事沢山あってその時は私は亭主を尊敬し従っています。(中略)○○さん、女同士として、そして母親の目として語りたいです。又、機会があったら皆で遊びに来て下さい。連絡まっています」


人からいただいた手紙をこんな風に、ご覧に入れることはけして好ましいことではないのかもしれませんが、私はこんな言葉がいただけたことが嬉しかった。
これが私の、毎日心がけて過ごしている形にならない試みの一つの帰着点であり、結果なんじゃないか、と思えたから。

毎日、何をしているんだろう?
人のことに、周りのことに。まとめることに、共有することに時間をかけて。
私は1冊の本でも、読み終わっただろうか?
一つの政策について、人に説明できるほど詳細を追うことに時間を費やしただろうか?

お前は毎日何をやっているんだ?という先生や、そのほかのNPO関係者の方や、家族、友人たちに、答えられるだろうか。


私は、それに答えたいから、頑張るのに、答えられなくて、自分でかけたプレッシャーに耐えられなくて、動けなくなったりしてる。


変わんないなー。



3日に一回、週に一回、または好きなときでいいから、自分のことだけに集中して、メイクバッチリで、超スカした雰囲気で、朝からやる気ばっちりの超ハッピーデーを作っちゃおうかな


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ