ながたん農援隊  

今日は、しごと時間を使って

八尾町の大長谷地区に行ってきました。

都市部への人口流動による過疎化の進行。
過疎化の進行による、保育園や学校などの社会基盤の脆弱化。
農林産業の荒廃と社会基盤の脆弱化で拍車がかかった過疎高齢化。

日本の農山漁村の苦境を代弁する地区です。
クリックすると元のサイズで表示します


そんな地区には、歯を喰いしばって知恵を絞りだす功労者が、います。

47NEWS

山奥から市街地へ農産物を配送して販売しても、割に合わず。
しかし社会基盤が荒廃している地域には、若年層の定住はのぞめない。
では、年会費と農産物の摘み取りと交換で、農業を手伝ってくれる援農ボランティアを募り、継続的に通ってもらえるような仕組みができないか?


この発想が、大長谷農援隊のはじまりだったそうです。

ブルーベリー農園
クリックすると元のサイズで表示します

ラベンダー農園
クリックすると元のサイズで表示します

蕨の生育畑に
クリックすると元のサイズで表示します

タラの芽生育畑
クリックすると元のサイズで表示します

ぎょうじゃニンニクにその他の山菜たち
クリックすると元のサイズで表示します

計約8haにも及ぶ農地を管理し、どうしたら収入を期待できる流通経路が形成できるのかを農援隊の隊員で知恵を出し合って形成していくのです。

8haなんて!

って思ってください☆
しかし、農援隊の窓口である、NPO法人大長谷むらづくり協議会の理事は、
農業と流通、そして人道に明るい方で、

雑草管理
鳥獣害対策

等へ、手間と金がかからない栽培品目を選定されており、それらの詳しい説明も
今日お話いただきました。

今日の説明会に集まったのは、約30名ですが、会員登録の連絡があったの61名だそうです。

erikoも事務局の仕事をお手伝いすることに^^
突然だったのですが、放っておけないんだもの☆
自分ができることは、する。

そしてこちらのNPO法人は、私の勤めるNPO法人と
越中八尾ふるさとづくり協議会で縁つづきなのですよ。

ですから今日も地域振興特別対策室のスタッフとして、視察に行かせてもらいました☆

会社に戻ってから溜まった日誌を書き、18:50には会社を出ました。
今日は、第3土曜。
19:00から座禅会が催されていたのです。

組んできましたー。
座禅、組めましたよー☆

思考を受けながすことは、初回の私にはできなかったけれど
あの暗い中での静寂な間がありがたし。

そちらで偶然居合わせた方が、私が集落でお世話になっている方の御親戚で、なんとおわらの名手だそうで☆

良い機会だったので、お寺を後にして、そちらに伺うことに^^
同じ集落に住んでいるのに、めったに会わないのですよ。
訪れてみたら、今度テレビの取材が来るから、原稿を作ってくれないかって☆

ほー

お世話になってるしね☆

明日は、午前中寝て、9時半頃から職場の集落のBBQに参加☆
そして13:30からは集落の草刈りー☆

おつかれさまー☆

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ