2015/11/18

☆☆☆一流☆☆☆  にこにこ日記

   おはようございます
   
   雷の光る朝でした雷雨曇り
   クリックすると元のサイズで表示します

   さて、先日
   一流と言われる方がご来店^^

   ネットで調べてその一流に
   ビックリポンの私でした^o^

   東京の表参道レストラン

   超有名レストラン L’Effervescence(レフェルヴェソンス)
   のシェフ

   生江史伸(なまえしのぶ)様
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
    生江様は、食材探しで

    青森県の白神山地に住むマタギを訪ねる旅から始まり、
    四国や九州、沖縄の石垣島まで訪れ

    自然を活かす料理法で
    食材の一品一品にもこだわりを持つ

    本当に素晴らしいお方のようでした。

    この度、

    枕崎の金七商店のS様とご一緒に
    おいで頂けました。

    と言うことは、

    『鰹節』を追求ということで
    枕崎に来られたみたいです。

    詳しく知らないままお迎えして
    枕崎らしいものと お料理を出させて頂きました。

    生鰹、鰹ビンタ塩煮、鰹珍子、鰹ステーキ
    天然ハマグリ、昆鰹かりんとうなどなど

    食して頂きました

    そして、最後には、
    自ら削られた本枯れ節の「おかかごはん」

    素朴で旨味のきいた一品に
    満足して貰えたかも知れません^^

    ちなみにその本枯れ節は
    
    鰹節づくりに 一流を追求している
    鰹節職人S様
の作る金七商店の

     「クラシック節」でした♪x3


    お帰りになられて、
    「どうだったかなぁ?」と不安いっぱい
    S様にお聴きしたところ、

    
    ビンタや珍子
    出汁がらで作るかりんとうなどの

    五条の「もったいない」から生まれた
    料理に、特に関心を寄せてくれたみたいでした。

    「美味しかった」
    言って下さったみたいですが、

    ホントのところどうだったかなぁ?

    私自身も、カツオのビンタや珍子
    出汁がらかりんとうなどは、

    枕崎の飲食店あげて
    全国にPRしていければいいのになぁ?

    と常日頃、思っていることに
    少し、自信を頂けたような

    そんな気持ちにならせて頂きました。

    「生江様、ご来店本当にどうも
            ありがとうございました


   そして昨夜は、

   全国展開している一流のお魚やさんH様
   笠沙に在住の一流のお魚くんI様にご来店頂きました。
   クリックすると元のサイズで表示します
   ご自身が素潜りで 突いて取って来られたアラの魚を
   鰹ビンタも 重ちゃんが調理して食べて頂きました

   カウンターで長い時間会話を
   一緒に楽しませて貰いましたが、

   話の内容が、それぞれに 一流の
   お話のように感じた私でした。

   いろいろなことに『こだわり』を持った
   それぞれのお仕事に「凄い、凄い」の言葉ばかりでした。

   この度、S様繋がりで
   凄い素晴らしいお方々にお出会いできた事
   とても嬉しかったです。

   「ご来店、ありがとうございました。
    楽しい夜になりました。
            是非またおいで下さいね
  
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ