2017/2/12

北風と太陽^^  にこにこ日記

日曜日の朝、おはようございます

寒さが続いている数日ですが、
枕崎は、雪が積もりませんでしたね

そんな祭日の昨夜の五条は
よそからのお客様も来て下さり

少しバタバタとさせて頂きました。
皆様、ご来店ありがとうございました↓^▽^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


では、今日のお昼は出前のご注文
夜は通常営業の五条です

ご来店、ご予約お待ちしています↓


おまけは、イソップ物語(ネットから・・・
クリックすると元のサイズで表示します
北風と太陽がした勝負は最初は旅人の帽子をとることだった。

最初、太陽は燦燦と旅人を照り付けると、旅人はあまりにもの日差しで帽子をしっかりかぶり、決して脱がなかった。次に北風が力いっぱい吹くと、みごと簡単に帽子は吹き飛んでしまった。こちらの勝負は北風の勝ちとなった。


その次に行った勝負は旅人の上着を脱がす勝負だった。

まず、北風が力いっぱい吹いて上着を吹き飛ばそうとする。しかし寒さを嫌った旅人が上着をしっかり押さえてしまい、北風は旅人の服を脱がせることができなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
次に、太陽が燦燦と照りつけた。すると旅人は暑さに耐え切れず、今度は自分から上着を脱いでしまった。こちらの勝負は太陽の勝ちとなった。


この話の最初の教訓は、何事にも適切な手段が必要である、ということである。一方でうまくいったからといって、他方でもうまくいくとは限らない。その逆も然り。しっかり、結果を見据えて、手段を選ぶべきである。

そして、後の話の教訓は、手っ取り早く乱暴に物事を片付けてしまおうとするよりも、ゆっくり着実に行なう方が、最終的に大きな効果を得ることができる。冷たく厳しい態度で人を動かそうとしても、かえって人は頑なになるが、暖かく優しい言葉を掛けたり、態度を示すことによって初めて人は自分から行動してくれる。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ