2020/12/3

「あほんだら」の裏には・・・  ほのぼの日記

木曜日、おはようございます

今朝も雲に覆われたスタートですが
だんだんと晴れていくのかなぁ?晴れ!?

昨夜は前日とは違って ゆっくり営業

カウンターに座られたお二人は
持ち込みの赤ワインを飲みながら、

尽きないお話で楽しんで下さいました。

刺身、鰻、白子、ローストビーフなどなど
召し上がられましたが、その中でも

初めて食べれれたと 今だけの丹波篠山の黒い枝豆が
最高に美味しかったということでした

以前来られたお客様からの
産地直送の黒い枝豆、残り僅かになりました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


では、自宅編ホーム
またまた残り物で作ったスパドリアスパゲティ
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは冬瓜
クリックすると元のサイズで表示します

先日煮物に使いましたが、
残りはケーキにしてみました
クリックすると元のサイズで表示します
味があっさりだと思い、冷蔵庫にあった
パンにぬるピーナッツバターを入れてみると

ほっこり美味しくできました🎂



それでは、新しい朝ドラがスタートしています📺
「おちょやん」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

突然ですが「いぬ」ってセリフなんどか
ありましたが、分かりましたか?
(後程)

それと「あほんだら!」「ボケ!」って あまりにもって
思われる方もいらっしゃると思いますが、

コテコテの関西弁に懐かしく ほほえましく
感じながら見ている私です。

そう言えば、鹿児島に引っ越しをしてきて
3年ぐらいしたとき、

関西弁を話さないようになった時
ふと、故郷が遠くなるように 少し淋しく

思ったことを思い出しました。

今はもう、なかなか関西弁には戻りませんが
故郷の友達と話すときは

別人のように関西弁になっているのが
とても不思議な感覚です。

聴こえは荒いけど、関西弁って
温かみというか?

現代はですが、私の育ったころは
その激しい言葉の裏に義理人情がある

そう思って欲しい気がします

※「いぬ」って「帰る」って言う
昔よく使っていた関西弁です。

では、今夜もご来店お待ちしています🍣
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ