2008/3/23

ちょと読んでみたくなりました。  

        ☆<刺身とにぎり> 
    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

        ☆<花いちりん>
            −岡田 哲也−
   太陽が傾くと呑みはじめ
   ぶっちぎれるまで 酔っぱらう
   それが私のとびきりの夜だった
   ていねいにていねいに時間をかけて自殺する
   それが私のやり方だった

   春一番
   猫鳴く夜
   黄砂は目にかゆく
   鶴はシベリアへ帰っていった

   この世を
   わがやを
   わたしのなかをかけめぐる季節とは
   どこのどいつの回し者であったか

   だが−
   人間が生まれる前から
   いのちを抱いて笑む花が
   たしかにたしかにあるという

   笑むということは
   咲くということだといった
   むかしの人のゆかしさよ
   むかしの人のせつなさよ

   春一番
   月おぼろ
   ぼろぼろのまぶたに
   まだみぬ花のおもかげたつ

   いのちと
   笑顔でむすばれていたい
   そのおもいが
   わたしをみょうに身軽にした

   死んだふりもごめんなら
   生きてるつもりもごめんだね
   ではなにがといわれ
   わたしは猫につぶやきかける

    「わたしがこの径を歩むのは
     どんなきれいごとより単純な
     いちりんの嘘に
     会うためです」

   花いちりん
   まどろめば 夢の中に
   咲いている

   花いちりん
   めざめれば 光の中に
   咲いている

    ※以前、この方の講演を聞きました。
     とても興味のもてる方でした。

     外の落ちる雨を見ていたら
     ふと、読んでみたくなって
     本棚から取り出し

     ちょっとの間、読んでいました。

     この方の文字の奥に隠れた何かを
     想像するのが楽しいです。

     何か人間臭さを感じます。
     たまには こんな時間・・・
     大好きです。

     では、夜の営業頑張ります。
               −hiromi−
0



2008/3/24  23:22

投稿者:hiromi

ちゃん、こんばんは!
「単純ないちりんの嘘」
ちゃんの得意な径かもね?
そんなちゃんが自慢です。

2008/3/24  23:17

投稿者:hiromi

光さん、こんばんは!
雨のお休みの日、ミチヨさとのんびりされましたか?そして、お昼は握り寿司食べれましたか?近くだったらいつでも五条に来て貰えるのにね。

2008/3/24  12:31

投稿者:ちゃん

単純ないちりんの嘘かあ
プッと吹き出す笑いや微笑かのお

2008/3/24  10:59

投稿者:光

昨日は日曜日でも仕事でした。
今朝から雨なので休みとなり・・・・刺身とにぎりの写真観てたら、、、
ミチヨが今日のお昼何がいい??っていうから、即、握り寿司と・・・決まりです。(笑)

2008/3/24  7:41

投稿者:hisami

お寿司美味しそう〜〜〜〜
まだ朝ですけどぉ〜
お寿司食べたくなりましたぁ〜

http://hello.ap.teacup.com/inthesea/

2008/3/24  6:25

投稿者:うっちぃ

ん〜
よく考えたら、五条、hiromiさん、店主殿、にそれぞれ違う形の感謝ですね(^^ゞ

心の中で3回ありがとうございますとつぶやきますm(__)m

2008/3/24  5:24

投稿者:うっちぃ

僕も花ですか〜。なるほど〜

太陽、水、空気、適温…
土、肥料…
今の僕にとって…、「五条」が僕を育む重要などれかになっていることは間違いありません。

僕は、日記にも書きましたが、五条に感謝しています。いや、hiromiさんにかな(^-^)


2008/3/24  0:43

投稿者:hiromi

うっちぃ、こんばんは!
お仕事、終りましたか?ご苦労様。
「いのち」ほんと考えれば考えるほど難しいかも知れませんね?
「神様から与えられているいのち、神様がお決めになっている運命。」
そう言われることを私は信じています。
そのいのちとその人の心とは切り離せないように思います。いのちが大切なように人の心の持ち方は生き続ける上で切り離せない大切なことなのでしょう?
生き続けたいと言う、うっちぃの想いはうっちぃの笑顔が見せてくれていると感じます。
うっちいのその笑顔が多くの子供達に届いていると想像できます。
その笑顔がうっちぃのいちりんの花なのでしょう。そんないちりんの花をいつも眺められる子供達は幸せ者です。そんな幸せな子供達を一人でも多くなるためにも うっちぃは長生きしなければならないと思うのです。
それは神様がうっちぃに与えた運命なのかもしてません。そう私は信じています。
光の中のはないちりんを明日も見つけに出かけます。わたしのいのちのために、みんなのいのちのためにです。

2008/3/23  20:37

投稿者:うっちぃ

「いのち」がテーマだと、なかなか答えがない話が多い気がしますね。考えれば考えるだけ…

生きたくても、生き続けられない体の人がいる。

反対に、生きられる体を持っていても、生き続けられない精神の人がいる。

また、両方を持ち合わせていても、生き続けられない出来事に遭遇する場合もある。

両者とも救う方法はあるのではないか。誰がどんな?ってなると分からないけど。


でも、とりあえず、生き続けている人は、それだけである意味、キセキ的なこと、素敵なことだと思う。

だから、僕は生き続けたい。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ