2010/5/14  2:40

はい約束どおりLaVie-NX登場  パソコン関係

今日は1998年10月発表のNEC,PC98-NXシリーズ
LaVie-NX(LW23C/52D)にてブログアクセス。

といっても2010年仕様として、
MMX-P233→P2-400に換装
メモリ現在128MB
OSはライブCD併用のパピーリナックス(フルガルインストール)
余剰のCRTモニタで画面サイズを多少向上
windows98はFEのまま(SP1適用)
マスストレージデバイスなどは有効
だからUSBのストレージはWIN98からも認識
という現状。
キーボードの認識が多少甘くなってきているが、長押しと気合で問題なく動いています。調子いいです。ヒンジはやはり割れています(^^;)

クリックすると元のサイズで表示します
この写真はAU携帯(W61CA)にて撮影後メールにてアップ

でusbポートが1つしかないので4ポートハブかませて無線LAN子機をつないでいます。
I/OデータのWN-G54/USBってやつ
有線のころと遜色なく動いてくれています。
puppyもどういうわけかきちんと認識してくれ無線LANの設定も記憶してくれました。電源ON→CDから一旦ブート→フルガル立ち上げ
X-windowが立ち上がる前から裏でピカピカやってます。
当初はOS立ち上げ時に認識せず毎回ネットワークの設定をしていました。

いつ上手くいったのか不明です(^^;)
無線Lanの設定は
「接続」アイコンから「無線Lan」を選び、ネットワーク検出などを一通りやると生きているネットワークを認識してくれます。

問題はセキュリティーのパスの設定
これはWEPでもWPAでも「s:」を暗号キーの前に入力するということです。
詳しくはWEBでお探しください。
保存後「それを使う」でOKです。
クリックすると元のサイズで表示します

まぁ動画は256にしてもだめでしょうがもっさり感をもう少し改善したいかな、なにぶんubuntuやwin7がさくさくなだけにこいつも快適を求めてしまう。128でも実用は可能です。ちなみにバッテリは完全に死んでるのではずしました。
0
タグ: linux puppy windows98



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ