2010/6/2  11:52

鳩山さん辞任を表明  政治雑感

小沢幹事長も

10年来、小沢氏を応援してきた身ととしては
この半年の忸怩たる思いがあったのだが

ここで敢えて書くことにしよう。

民主党に票を入れた大半の人は、無責任な浮動票も含めて
抜本的な変化を求めていたわけである。
その意味で、皆が満足するブレない改革を進めるだけの剛腕さを持っている政治家(政治屋か)は小沢さんしかいないと思う。反論があればどーぞ。

だから鳩山さんで選挙戦い、圧勝し、社民党と国民新党の連立で(この時点でこの結論が見えていた)
党内に様々な意見があるのはOKだが、政党間のイデオロギーが明確に違うのだから、連立とは落としどころを探す作業である、鳩山さんというか内閣はこの政府を作る際に、パンドラの箱である日米安全保障を入れてしまった。
そんなことは、単独政権でやれば良いのである。

政権交代で求めていたものは、生活再建・経済再建ではなかったか。
うまく行く・行かないは別にして「高速道路無料化」というアイディアのもと「やってみる」ことに、国民は「じゃぁ、うまく行かなくてもいいから、とりあえずお前ら言ってることをやってみろ」の票だったのではないか。

実は国民は結構、気が長いんだなという率直な感想を持っていた。
そりゃなんか、動くごとに、ヘマやらかすたびに、文句は出るよ。
与太者意見・野次のレベルだよ。そういう意味で、実は民主党に舵取り役が少ないってのは知ってて投票したんだよ。

今社民党の福島さんのインタビューが出とるが、沖縄の問題に関しては、ぜひ社民党政権になって頑張ってもらいたい。
少なくとも「あの選挙結果」の国民の意志では無いのです。ここがポイントです。

だから民主党(小沢氏の周辺以外)は国民の大半が何故前回の選挙で入れたのかを、よーく考えて、次を考えまい。(讃岐弁)

それでも自民党が息を吹き返す感じはしていないのだが。
次で、ひょっとすると「単独政権」になるか?
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ