樹林気功  林とこころ

つたもり山林の広場で、小一時間、樹木相手に深呼吸をしてすごした。つたもり山林というのは間伐の現場の南東1.5kmほどのところにある苫東の緑の中心である。いや、あったというべきか。苫東は緑地への視線がトーンダウンしたからだ。平成19年にそこで全国植樹会が行われることになって別の注目を浴び始めている。

さて、そのつたもり山林の入り口広場は、もとの所有者である蔦森春明さんの住居と小屋があったところで、屋敷林としてコナラやヤチダモ、クルミの大木が残され、トドマツとカラマツの造林木も直径60cmほどになる。下草が抑えられ地面が平らで陽光もそそぐから、わたしはここで樹林気功の真似をよくする。別に気功を習ったわけではないわたしには所詮真似事でしかないのだが、個別の樹木と向き合ったり背中合わせになったりして、一心同体になったつもりで深い呼吸を繰り返すのである。

樹林気功は樹木の気に着目し、木から気をもらう。樹木は天と地の気を混ぜ合わせて人間が利用しやすい気を作るのだという。混元の気と呼ばれる。わたしは「ポスト森林浴」に向かってからいつもこの樹林気功という概念から離れられない。しかし、これが樹林気功だという確信もまだもてない。だから、時々はこうやって独り向き合ってみるのである。呼吸法など身体学で昨今注目の斉藤孝氏は、樹林気功はどうもよくわからないのでやめちゃった、とどこかでもらしていた。また、ある方はかつて樹林気功に手を染めたが雑音が多くてやめてしまった、という。「よしよし、それならば…」、そんな気持ちもないわけではない。なにしろ、週末のある時間は間違いなく個別の樹木らと付き合うのだから。

そう考えるようになったのも、伐採という行為をするようになってからだ。個々の樹木と否応なく対峙することになったから、樹木の表情というのをよく見るようになったことと深い関係がある。また、イメージとして、ある樹木と自分を重ねたりなりきったりすることは割りと簡単に出来るようになった。風に揺れてみたり、枝をリスや野鳥に遊ばせたりもする。相手は伊勢神宮のスギの大木だったり(これが一番気持ちいい)、郷里・山形の実家にあったクスノキだったり、ログハウス前のカラマツ、中央公園のハルニレ、つたもりのクルミだったりと、その日ごとに対象を変えるのだ。

ともかく、大木は気持ちがいい。より大きくなるにつれ樹木は表情を明確にする。地に根をおろす。根をおろしたかどうかは、幹や枝振りをみればわかる。これは多くの樹木を移植してきた経験でわかるようになったことだ。だから、土地に根をおろした樹木をおろそかにしてはいけない。理由があって伐るときはそれなりの意を尽くさなければならない。樹林気功のまねごとは、少なくとも自分の心身と環境との間を感覚として重ね合わせることに繋げた。これらのことを言葉に表すこと、わかってもらうことはちょっとむずかしいような気がしてきた。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ