寄宿舎のドキュメンタリー完成!!  青年寄宿舎

かねて紹介したことのある青年寄宿舎の、閉舎から日誌復刻作業を
扱ったドキュメンタリフィルムが、5月末、無事、山形ドキュメンタリー
映画祭に出品されたもようです。

先日、早々に送ってもらって拝見しました。

奥田、田端、所3先生のインタビューが歴史の縦糸として扱われ、わたしの
前後の交友を横糸にし、それも5月、偶然に見つかった一本のテープで
ストーリーを作っている偶然の作品です。長い間のブランクが、寄宿舎の
閉舎パーティで埋められ、久々の再会、日誌の書き起こし作業などで再び
交友が始まったわけですが、Tくんのフィルムはちょうどそこのところを
写し取っています。

関係者には是非お見せしたい作品です。

参加作品のタイトルは「百吟フロンティア」。作者の意図した、寮の生活と歴史、
交友に秘められた「原風景」の部分は、うまく表現できているのではかな、と思える
力作でした。

なにも誘導しないで、登場人物の動きだけでストーリーを作っていく
いわば成り行き任せの作品、ドキュ。なかなか、深みがあると思います。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ