オルガン(日誌11)  青年寄宿舎

田端先生の抜き書きシリーズ(6)


青年寄宿舎日誌 明治41年12月28日

 久しく望みて苦心惨憺、漸く「オルガン」を求む。価参拾八円、内田君、丹部君等の奔走に依り椅子(価二円二十銭)を寄附せしむ。富貴堂の奮発之れより大なるものなかるべし。
同年12月29日
 「オルガン」に関する規則を定む。
設置室    新聞縦覧室
修 繕 文芸部に属し、文芸部之れが任に当る。
借 債 舎費より参拾八円借債し、雑収入より毎月六拾銭、文芸部より毎        月壱円宛返済し、明治四十一年十二月より初まり明治四拾参年拾       壱月迄に悉く返済するものとする。
使用時間   夕食後一時間、但し、土、日曜日は一時間半とす。



【コメント(田端)】

思い出ふかいオルガンはこの記事のようにして青年寄宿舎にあったのでした。みんなで、自力で購入したのだとは思いませんでした。
 オルガンを売っていた富貴堂は、この年9月7〜8日新築開店で福引き大売り出しでした(この日誌9月7日の記事)。オルガンの椅子も開店大サービス?明治末年オルガンを売っている店がある地方都市はどのくらいあったでしょうか?札幌の「文化度」(?)の現れ?!
このころの日誌によると
1 舎 費   一人毎月1円づつ集める。様々な雑支出に当てる。
2 文芸部費 運動部費とあわせて一人毎月15〜20銭を徴集、文芸部だけだと         月10銭くらい かな?催事の時の茶菓代などのようです。
3 雑収入   新聞3紙、雑誌2誌ほどの旧号のセリ売りの売上金(旧号購入の希         望舎生が入札して買うのです)くらいか、と思われます。毎月40         〜60銭くらい、多いと1円くらいが記録されています。

満室の24人の状態は少なかったようなので、2,3をあわせて月額2.5円〜3円位の所から1.6円を返済する事になったのですが、茶菓代等もずいぶん節約した  のでしょうか。オルガン代金負担の影響がどのようだったのかについてこのあとの日 誌に見あたりません。

ちなみに毎月末の食費決算額6円余が最低で、最高は9円20銭、炭を使った部屋 は82銭(1月)、59銭(2月)の負担がありました。ストーブを使う部屋もあっ たようですが、其の燃料代について記事がありません。どうしてかな?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
草苅メモ

太田さんが担当する昭和10年代?の日誌に、石炭代が高いから4人で一部屋を
使おうという話が出てくるようです。このころは、石炭ストーブもまだなかった、
ということでしょうか?もっぱら炭ですか?炭坑はもう採掘されてますね。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ